【難読】“ろうく”じゃない! 「労く」の正しい読み方

ライフ
マイナビウーマン
2021/04/17 11:09

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「労く」の読み方です。

“ろうく”以外の読み方なんてあるの? と思った人は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「労く」の読み方は?

労働、苦労などの言葉に使われる「労」という漢字。“ろう”という読み方を覚えている人が多いのではないでしょうか。「労」という字自体には、働く、疲れる、いたわるといったニュアンスが含まれます。

しかし、「く」の送り仮名をつけて、“ろうく”と読むのは違和感がありますよね。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“いたずく”と読みます。

■「労く」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「労く」の意味は以下のように解説されています。

いたず・く〔いたづく〕【▽労く】

[動カ四]《平安時代は「いたつく」とも》

1 あれこれと心をくだく。努める。

「とかうものすることなど、―・く人多くてみなし果てつ」〈かげろふ・上〉

2 世話をする。いたわる。

「かくてねむごろに―・きけり」〈伊勢・六九〉

3 疲れる。また、病気になる。

「―・キ参ラセ候」〈日葡〉

「労」の漢字のとおり、いたわるや疲れる、といった意味合いになります。

読み方は難しいですが、“いたずく”と読むのですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「労く」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。見慣れた漢字でも、送り仮名によって読み方が全く違うものになりますね。

馴染みのある漢字も、改めて調べてみると、知らなかった読み方があるかもしれません!

(ななしまもえ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません