縁結びの花籠

万葉集を見ると、当時の人はよく野山に、花や草を摘みにいってました。
摘んだ花を入れる籠を
花筺(はながたみ)と呼んでいました。
古典の物語に越(こし)の国(今の新潟県)に住む皇子が
都へ行く事になりました。
別れを告げる恋人に、
「必ず迎えをよこすから」と約束と自分を思い出すようにと「花筺」を渡します。
しかし、いつまでたっても皇子からの連絡がないので、女性は都へと上り、帝(みかど)に「花筺」を見せたのです。
そして、二人は結ばれたというロマンチックな物語です。
「花筺」は愛を結ぶ籠
なのです。
そんな縁結びの花筺をあなたに届けます。

しおり
記事一覧を見る

生きる力になれば良寛地蔵の人気記事

  • 赤穂浪士討ち入り
    投稿日時:2021-12-14 04:23:37
  • 星になった人
    投稿日時:2021-12-15 03:12:33
  • 悲しみのアイスクリーム
    投稿日時:2021-12-26 02:07:44

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ