私達は鶴の子

突然ですが私達は鶴の子なのです。
鶴の寿命は千年と言われていますが、実際は2,30年といいます。
鳥としては長寿の方だそうです。
人のつながりの中で出てくる言葉があります。
子→孫→ひ孫→やしゃご(玄孫)→らいそん(来孫)→こんそん(昆孫)→じょうそん(仍孫)→うんそん(雲孫)と続きます。
果てしない子孫まさに雲のような遠さのことをうんそんといい、これを「鶴の子」と呼びます。
果てしなく、さかのぼれば人はみな兄弟と言っているのです。
私とあなたは兄弟なのです。
だから親しみを感じているのだと思います。
私達は鶴の子なのですから。
思いやりの気持ちが湧いて来ると思います。
これからも力合わせて歩みましょう。
しおり
記事一覧を見る

生きる力になれば良寛地蔵の人気記事

  • 再生力
    投稿日時:2022-01-19 03:14:55
  • 悲しむ者へ
    投稿日時:2022-01-20 03:53:55
  • 悲しみのアイスクリーム
    投稿日時:2021-12-26 02:07:44

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ