百年の歴史を持つお茶 魏家の子孫が設立した新ブランド


夏になると、冷たい飲み物で喉を潤したくなるものですが、近年の健康至上主義の高まりにより、糖分の多いハンドシェイクの飲み物だけではなくなってきました。 また、冷やしたお湯に茶葉を入れ、約40分蒸らしてから飲む水出し茶もおすすめです。フレッシュでナチュラルな甘味と優れた風味が特徴です。

お茶といえば、台湾の茶農家の源流となっただけでなく、包装茶業界の偉大な推進者でもある魏靜時の製茶法を挙げるのは当然でしょう。 西暦1853年に生まれた魏靜時は、茶葉の栽培と製造を発明し、西暦1873年に香り高い南港茶を世に送り出しました。西暦1885年に劉銘傳が台湾総督に就任した際、魏京師の茶葉が公開され、花の香りがしない自然な香りを持つ「種仔茶」は、過去千年の製茶技術を突破し、清宮廷の注目を集め、清皇帝の皇室献上茶品にもなりました。 清国皇帝の皇室献上品となりました。

現在は、魏氏の子孫が先代の事業を継承して「魏氏茶業」を設立し、茶葉栽培の文化を継承するという初心のもと、先代の茶葉選びのこだわりに沿った茶葉の品質を一般に公開し、台湾全土の茶農家と協力して、季節に応じて新鮮なお茶を収穫し、生産されたお茶の品質を厳しく管理しています。。

包種茶の「香り」「力強さ」「まろやかさ」「リズム」「美しさ」は5つの特徴です。また、花のような香りは、お茶を飲む人を魅了する特徴のひとつです。 魏靜時は、花の燻蒸という工程を経ることなく、茶葉に自然な花の香りを持たせることができる新しい製茶方法を開発しました。 南港包種茶の茶汁は濃い緑色で、香りは新鮮で心地よいものです。

日本統治時代、魏靜時の種仔茶は、日本万国博覧会で大賞を受賞し、昭和天皇のご寵愛を受けただけでなく、輸出販売でも好成績を収め、シャム皇帝から皇室のお茶として命名されました。 その製茶法は、日本統治時代の台湾茶農家の源流となり、その技術をもとに、包種茶、鉄観音、烏龍茶、紅烏龍茶、高山茶、東方美人茶などが進化していきました。自然な花の香りがするお茶だけが、本物の台湾茶なのです!

南港包種茶の出現は、多くのビジネスチャンスをもたらしただけでなく、南港地区を繁栄に導きました。 また、魏靜時の製茶法は、台湾茶業界に新たな道を開き、台湾包種茶の創始者であり、台湾茶の大恩人でもありました。

台湾のお茶は世界的に有名です、魏氏茶業は何世紀にもわたって受け継がれてきたお茶作りの技術を継承し、台湾のお茶の普及に努めています。 お茶の茶汁は温かく、口に入れると滑らかで、試飲しながら、すべての人が魏氏茶業のこだわりを感じることができます。

茶葉の品質だけでなく、パッケージも魏氏茶業の大きなセールスポイントです。台湾のおいしいお茶を生み出す太陽の光、土、空気、水といった要素をトレードマークとして、台湾の著名なデザイナーとの合作により、ミニマルでモダンな雰囲気の中、ダークカラーの外注を用いて優雅さと気品を表現し、人々に落ち着きと信頼感を与える様々なお茶のギフトボックスをデザインしています。中秋節を間近に控えたこの時期、お茶のギフトボックスは贈り物や自分用に最適です。

お茶のギフトボックス以外にも、茶葉を小分けにして販売しています。お茶を飲むことを、もはや特別なことではなく、私たちの生活に密着したものにして、お茶を飲みながら質の高い生活を楽しんでもらい、台湾のお茶文化をより深く理解してもらいたいというのが、「魏氏茶業」が一般の人々に伝えたい姿勢です。









ここで買う
https://www.weistea.com/
しおり
記事一覧を見る

weisteaの人気記事

おすすめトピックス

ネットショッピングカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ