「察して!」と男性に求めるのは女の子の独りよがりだと感じた出来事





こんにちは、うにっこです。


お天気はいいのに風が冷たい!
人肌恋しくなっちゃいますね。バレンタインだし(笑)


最近ほんとにストレスなのか欲求不満なのか、
きゅんきゅんするような恋愛漫画や映画ばかり見ちゃいます。
『君の膵臓をたべたい』とか『青空エール』とか・・・
アマプラで干物女化してるんじゃないかってくらい(笑)

2次元じゃなくて現実できゅんとした恋がしたいな〜
と思いつつも相手がいません。
(一応彼氏っぽいのはいるんだけどね。)


どの映画も見ていて思ったことは
女の子は強い
男に「察して」と望むだけ無駄である

ということ。





◎「察して」と望むのは無駄だと分かった〜深夜のラーメン編






仕事関係の飲み会の帰り道、
どーーーーーしてもラーメンが食べたくなって、
家が近いこともあって元彼を呼び出しちゃいました。
(今の彼とはまだ付き合うような雰囲気にもなっていない頃です。)


裏の理由は、
どうにもこうにもむしゃくしゃして話し相手が欲しかったから。

とはいえ、夜中の12時にラーメンの誘いにこたえてくれるのは
彼くらいしかおらず、
ダメ元で連絡してみると、きてくれたのです。

ちなみに、元彼は円満に別れたので友人としての付き合いは
今でもあるような関係です。


ここまでは、いい奴。

ラーメン屋さんに入るや否や
耳にイヤホンをつけ始める彼。

あーー仕事だったのね。。。

海外営業の補佐もしている人なので夜中に突然電話があったり、
MTGが開催されたりすることは間々あるのは知っていたので
まぁ軽く電話してるだけと思っていました。

その電話は、ラーメンが運ばれてきてからも続いていて、
イヤホンしながら黙々と彼はラーメンを口に運んでゆきます。

結局そのままラーメンを完食。
外に出て別れるまでずっと電話しっぱなし。
お店に入ってからお店の外に出るまで
一言も喋ることなく深夜のラーメンは終了しました。

後で聞くと、
この時は1時間前にMTGの開催が決まっていたとのこと。

だったらわざわざラーメン付き合わなくていいのにーーー!!!


頻繁に深夜のラーメンとか行くのであれば
また話は別だけど、そうではありません。

仕事あるのに付き合ってくれたことには感謝してます。
だけど、久々に会って、しかも深夜に。

終始無言ってなんやねん!
仕事あるなら仕事って言え!!

って感じですよね。





◎彼から突然ラインが来たと思ったら・・・






これは友人A子ちゃんの話ですが、
一年以上も前に別れた彼氏から突然ラインが来たそう。

「久しぶり〜!」

とのラインが突然飛んできたので
何事かと思ったわたしの友人は、返信しました。


わたしだったらスルーしますが(笑)
「無視するのはかわいそうだからーーー」
と、ちゃんと返信するA子は偉いな〜。


2〜3回やりとりした後に彼からきたラインは、
「デートしよ♡」

友人「どうしたの?ww」

元彼「ホテルいこ?」

友人「ばかなの?彼女と行きなよ」

元彼「A子と行きたい」

友人「やだ、行かない」

元彼「じゃあ***ホテルかXXXホテル行こー?」

友人「意味わかんない」

元彼「新し目のホテルの方がいいと思って」


さすがの友人もここから先はスルーです。


ちゃんと女の子の気持ち、察しろよ!!!


と言いたい。

わたしの友人が、元彼に未練ありありで
ホテルに誘われたの嬉しい♡
っていう子ならいいですが、
世の中一般的な女の子の感情としては、
元彼に急にホテルに誘われた場合、

「冗談で言ってる?悪ふざけ?」
って思うか
「元カノを都合のいいように使うな」

の2択ではないでしょうか。

本当は違うのかもしれないけど、
急なホテルの誘いは、性欲を満たすための道具探しにすぎません。

理由があるならそれなりのアプローチ方法があるはずです。






◎さいごに








男性側が女の子の気持ちを理解してないって話はよく聞く話。
でも逆も然り。

やっぱり心に持ってる感情は、
男性と女性で違うんだなと思います。


男性は男性で「なんだよ」って思うかもしれないし、
女の子は女の子で「わかってよ!」という気持ちはよくわかります。
わたしも経験済みなので。
ある意味「察してよ!」という思いも独りよがりの感情ですね・・・


だからこそ、言葉でちゃんと伝えるって大事です。
ラインやメールじゃなくて。

思っていることがあるのであれば、
ちゃんと話さないとわからないし、
男性は男性で感性の働くポイントがあるし
女性は女性で違った視点で物事を見ることができます。

お互いが思いやりを持って、
面と向かって話せるからこそ、
人間の信頼関係って築かれるのかなとも思います。

しおり
記事一覧を見る

unaの人気記事

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ