ついに!まんがでわかるシリーズに松田友一氏の著書が仲間入り!?5月の発売が楽しみすぎる!!!




何度かうにっこブログでも紹介しているASKアカデミー・ジャパンの研修
その研修で、講師を務められている松田友一氏は本も出版されています。

そして今年5月にも新刊を出版されるそう。
そのタイトルは、
『まんがでわかるセールストークの基本』

最近、様々なビジネス書や自己啓発本も漫画化されて
読書が苦手な人にも理解しやすいように施されているものが増えてきている印象です。

わたしも読書が苦手な人の一人です。
なので、まんがでわかるシリーズも、何冊か読んだことがあります。

例えば最近読んだのは『地頭力を鍛える』です。

昔はたくさんマンガも読んだし、
(ONE PIECEとか別フレコミックとか)
だから、マンガで描かれているとちょっと稚拙なイメージがありました。
漠然と「頭を使わなくても読める子供の読み物」みたいなイメージ。

だから、自己啓発本をマンガにしたところで、内容が浅いんじゃないか??
と思っていましたが、実際読んでみると、とーーっても理解しやすくて面白いんです!!





◎マンガで読むメリット





わたしが思うマンガで読むメリットは、4つあります。
@活字を読まなくていいから読書がサクサク進む
A時短
B読んでてもすぐに眠くなってしまうことはない
C絵でイメージが残るから理解しやすい


1つ1つ解説していきますね☆





@活字を読まなくていい♪♪


自己啓発本やビジネス書って、図や絵が入って参考書っぽいものもあれば、
新書のように文字がぎゅうぎゅうに詰まっているものもあります。

100歩譲って参考書っぽい形式の本は、
大事な要点が太字大きなフォントで書かれていたり、
場合によっては色付けがされていたりして
さらさらっと読んでいてもポイントを押さえながら読むことができます。

対して、ぎゅうぎゅうに文字が詰められている本は、
わたしの場合、読み始めて1分もせずに眠くなってしまします。
(夜寝る前に寝っ転がりながら読んでいるのが悪いのかもしれませんが(笑))


マンガは、吹き出しに文字があって、
たまに「凄い喋るな、この人!」みたいな吹き出しもありますが
誰が重要人物で、誰がどんなことを言っているのかが明白にわかる
ので視覚的に捉えられるという部分で理解しやすいです。




A時短♪で読書したい人におすすめ♪


活字でいっぱいの本を開いたときに、
読書が苦手な人がしがちなことは、
一言一句じっくり丁寧に読み始めること。

全部理解しなくちゃ!
と思って一言一句を丁寧に読み進めていましたが、
なんせ1日あたりの読書にかける時間も短ければ、
読むスピードも遅いとなると、最後まで読みきるのにすごーーーく時間を要します。

結局最初の方ってどんなこと書いてあったっけ??
って思ったり、思い出しながら、時には前章を読み返しながら読み進めてしまうと
めちゃくちゃ時間がかかって、もうやだーーー!!
って挫折した本が一体何冊あっることやら・・・

その点、マンガは、視覚的に大事になポイントを押さえられるから、ページがサクサク進みます。
さらに、大事なポイントで出てくる解説部分も読みやすい構成になっているものが多いです。
読書が苦手、でも自己啓発本は読みたい
という方の初級編としてはぴったりです。




B読んでてもすぐに眠くなってしまうことはない☆


なぜ活字を読んでいると眠くなってしまうのでしょうか・・・
読書という行為は、すごく表面的にいうと、
並べられた文字を上から下、あるいは左から右に読んでいくという超単純な作業です。

仕事や勉強も単純作業の繰り返しは、
飽きてくるし眠くなってしまいますよね。

それと一緒で、読書をしていて眠くなってしまう理由は、
文字を眺めるだけの「単純作業」だからではないでしょうか。

マンガにしてみるとどうでしょう。
文字だけではなく、絵も同時に認識する必要があります。
文字を読むだけの単純作業に、視覚で捉えるという刺激が加わると、
目が覚め、面白さを覚え、もっとやってみようという気持ちになるはずです。




Cイメージを膨らませる要素が満載♪


マンガそのものの特徴でもありますが、主人公の本当の思いの部分、
心の声が吹き出しの外にチョロっと書いてあることありますよね。
そういうのってクスって笑ってしまいます。

読書をしていて大事なのは、
ストーリーの中に自分が入り込んでいるかどうか、
イメージができているかどうか

だと思います。

ビジネス書を読んでいて眠くなってしまうもう一つの理由のには、
なかなかストーリーに入りこめない、情景がイメージしにくい
こともあります。

マンガは、活字で読んだときには知り得ないキャラクターが登場します。
作者がイメージしているターゲットが
視覚的にキャラクターとして捉えることができるので
その人物に感情移入しやすいのです。

ビジネス書でも自己啓発本でも、
小説を読むときと同じように
著者やその本に登場している人物になりきって読むことができたら
理解度がグッと深まると思いませんか?

視覚的に捉えることでちょっと難しい言葉が出てきても
イメージがしやすいのがマンガでわかるシリーズの特性です。






◎「まんがでわかる」はどれだけ理解が深まるか考えてみた





前述したように、わたしの個人的感想ですが、
マンガでビジネス書を読むことは、理解の促進につながっていいな〜
と思います。

友人は、「わかりやすいけどマンガだと内容が浅くなってしまう」
と話してたりもします。

確かに、大人なら文字で理解できるのがベスト。
というか、活字は絶対読んでおいたほうがいいっていうのもわかります。

知識やスキルとして自分のものにするという目的のためには、
どちらの方がいいのでしょうか。


例えば、野球選手だって一朝一夕でプロレベルに上達したり、
HOW TO本を読んだだけで急激に上達したら誰も苦労はしません。
甲子園にだってするする〜っといけちゃいます。

でも現実はそうじゃない。
たくさん時間をかけて、死にそうなくらい練習を積み重ねて
試合に挑むから、甲子園の覇者は決まるのです。



仕事も同じ。
マンガでわかるシリーズは、「楽しく学ぶ」こともできますが、
「楽(ラク)して学ぶ」ことだと思います。
だから、細かい奥の奥の部分まではマンガの中には描かれていないのかもしれません。

ちょっとでも負荷をかけて学んだ方が、
得るものも大きいというのは読書も同じなのかもしれませんね。


しかしながら、数年前の甲子園の覇者は佐賀北高校という進学校だったこともあります。
どういうことかというと、
進学校であるがゆえに練習時間は強豪校言われる私立高校のチームに比べたらとっても短いです。
限られた短い時間の中でいかに効率よく練習を重ねるか
そこにこだわって、集中して、練習してきたからこそ
勝ち得た優勝です。

この場合、活字かマンガか論争に置き換えると
短期集中型で効率的に学ぶことができる
という観点においてはマンガでわかるシリーズに軍配があがります。

なので、どっちの方がいいというのは、一概には言えません。
人それぞれ自分に合ったもので学び取っていけるといいですね!






◎『セールストーク』は3冊もある!!





まんがでわかるシリーズはどれほどわかりやすいかについて
言及してきましたが、
最初にご紹介した松田友一氏の新刊についてもちょっと書いていきます。

この度発売予定の新刊は、
『まんがでわかるセールストークの基本』
です。

『セールストーク』の本は、大手国内自動車メーカーのトップ営業マンの
経験から語られる成果の出る秘訣がぎゅーーーっと詰まっていて、
営業マンだけでなく、成果志向のビジネスマンに人気の著書となっています。

だからなのか、『セールストーク』という言葉がつく著書は全部で3冊もあるんです。

超基本シリーズ第二弾!セールストークの「超」基本70』
『実践!セールストークの鍛え方』
『セールストークの基本&実践力が一から身につく本』

そう!
新刊でマンガ版の本なのに、全く同じタイトルの本がないんです。

大概、まんがでわかるシリーズは、原作の本があって、
それを大まかにまとまったものをまんがという絵で表現しながら、
物語調に描かれているものがほとんどです。

『まんがでわかるセールストークの基本』は、一体全体どの本のまんが版なのか、
気になるところです。

まぁ、原作とちょっと違うからタイトルが全く同じとは限らないんじゃないの〜?
と言われてしまえばそれまでですが。

3冊の融合体なのか、
抜粋総集編なのか、
どれかの本をぎゅっと縮小したのか・・・


ブログで載せられていたものからはなんともいえません。

さらに表紙の女の子がめちゃくちゃ可愛い!!!(笑)
どんな内容になっているのかがとっても楽しみです。






◎さいごに





確かに、一般的には、本は活字で読むのがいいって言われます。
何度親に本を読めーーと言われたことか・・・。

でも、まんがでわかるシリーズにだっていいことはたくさんあるし
そもそもマンガを読み慣れている人であれば、マンガで描かれているものの方が
物語だろうがビジネス書だろうが、学び取りやすいのではないでしょうか。

結局、ビジネス書や自己啓発本における読書は、
読んで学び取るだけで終わってはもったいないです。

活字ででもマンガででもです。

読んで実際に行動してみたり、知り得た知識をアウトプットしてこそ、自分のものにできるなということは体感しています。

野球選手も色々チャレンジしてみて、試行錯誤して
しっくりくるフォームだったり、走り方だったり、投げ方を手に入れるのです。

わたし自身としては、
マンガの方が活字を読むよりストレスなく学ぶことができるので
最近はまんがでわかるシリーズも手に取るようになりました。

今回発売予定の『まんがでわかるセールストークの基本』も松田友一氏の経験とノウハウがギュギュギュッっっと
詰まっていること間違いなしです。
しかもマンガで描かれ、理解しやすい構成にもなっているはず!!!

昨今の感染症拡大の影響で、発売延期になる可能性もありますが、
ひとまずは、5月に発売されるのを楽しみにしています♪♪
しおり
記事一覧を見る

unaの人気記事

  • ASKベーシックコースを初受講してきました!!研修との出会いから研修当日までドッキドキが止まらない!!
    投稿日時:2020-03-15 09:02:07
  • 自分磨きの第一歩♡ブログ開設してみました♡
    投稿日時:2020-01-17 22:00:03
  • わかりやすさ満点、たった30分で稲盛和夫のストーリーがわかっちゃう!!稲盛和夫フィロソフィを「まんが」で読んでみた
    投稿日時:2020-05-20 12:00:04

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ