【愛本堂花札 入門 Lite】おばあちゃんちにあった、あの懐かしの花札がiPhoneで!

ネット・IT
iPhone女子部
2014/12/05 17:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

愛本堂花札 入門 Lite(無料)

こんにちは。iPhone女子部のアリです。

今日は私が普段、じみ〜にハマっているゲームをご紹介したいと思います。
その名も「愛本堂花札」。はい、花札です。

花札って、小さい頃におばあちゃんの家にありませんでしたか?
私はおばあちゃんの家に行くと必ず、いとこたちと一緒に花札と百人一首をしました。
おばあちゃんの家にある娯楽といえば、そのぐらいだった気がします。

でも、この古くさい娯楽が、普段ゲームばかりで遊ぶ私にはすごく新鮮で楽しかった〜!

大人になってから、めっきり花札で遊ぶ機会が減ってしまったのですが、
これがiPhoneでも楽しめちゃうと知って、それからはドハマり!!
ちなみに、小4の娘もハマってます!

花札のルールを知っている人ならすぐに遊べるし、
知らない人でも、比較的すぐに理解できるほど、このアプリは簡単!

まずは、「ローカル対戦」を選んで1人で遊んでみましょう。
「1人プレイ」を選んで、とりあえず「半どん」でスタート。
「半どん」とは、6回対戦のことです。
1人プレイの場合は、アプリとの対決になります。

次に親を決めます。どちらかの札をタップ。
ここで、月の数が若い方が親(先攻)になれるということです。

タップすると、ゲームがスタート。
こんな感じで、自分の札(手札)が8枚手前に並んでいて、
相手との間(場)に8枚のめくられた札と、ふせられた山札があります。

基本的には、桜なら桜、楓なら楓、菊なら菊と、
同じ種類の札を揃えて、札を集めていきます。

いま取れる札の上に丸印で教えてくれるので、
その中から好きな札をタップ。札を動かすのはすべて自動的にアプリがやってくれます。

まずは、親から先攻。手札の一枚を場に出し、合う札があれば合札として右側の手元に並べ、ない場合は捨て札に。
次に山札から一枚をめくって、同じように合う札があれば手元に、なければ捨て札になります。

ただし、同じ種類の札の中にも、動物や人、赤札などが描かれた札など、得点(文)の異なる4種類の札があるので、
いい札をより多く集めるように進めていきます。
「説明」を見れば、札についても学ぶことができますよ。

と、簡単にルールを説明しましたが、
こちらのアプリは名前の通りに入門編!
ルールを知らなくても、アプリがそれなりに教えてくれるので大丈夫です。
あなたはどの札を選ぶかを決めてタップすればいいのです。

出来役ができたら、こんな風にアプリが教えてくれます。

この出来役で勝負するなら「勝負」、まだ他の出来役が期待できそうで高得点を狙うなら「こいこい」をタップ。

札の組み合わせの仕方も、最初は難しくてなかなか覚えられないのですが、
だんだんと遊んでいくうちに、自然に分かってきます。
たとえば、青短を三枚集めるといいとか、猪鹿蝶を集めるといいとか。
私もこのあたりは、アプリで遊びはじめてから知ったことだかりです。

こんな風に、得点を稼いでいきます。「半どん」なら6ヶ月、「12ヶ月」なら12ヶ月がすべて終わった時点での得点で勝敗がつきます。
1人で遊ぶのもいいけど、ネット上で対戦もできるみたい。いろいろ覚えてきたら、対戦にも挑戦してみたいと思います!

私は調子がいいと、12ヶ月で100文以上取れるようになってきました。本当に地味なゲームですが、ハマるとけっこう楽しくなりますよ!

 

内田あり/女子部のサイトではアプリやSNS、iPhone裏技を担当。そのほか、フリーペーパーやムックなどで執筆。マニアック目指して日々iPhoneをいじりまくる毎日。好きなものは海、花、インテリア、家、フラ、ハワイ。ナチュラルなテイストのものが好きです。10歳と7歳の姉妹のママ。

無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 1
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 2
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 3

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません