清野菜名&横浜流星W主演ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第3話あらすじ

エンタメ
モデルプレス
2020/01/26 10:00
【モデルプレス=2020/01/26】女優の清野菜名と俳優の横浜流星がW主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜22時30分〜)の第3話が、26日に放送される。

佐藤二朗、横浜流星/「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第3話より(C)日本テレビ
br/
(写真 : 佐藤二朗、横浜流星/「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第3話より(C)日本テレビ

【写真】「シロクロ」横浜流星、白衣・メガネ…多彩な姿に視聴者興奮

◆清野菜名&横浜流星W主演「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

同作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女「ミスパンダ」の顔を持つ囲碁棋士・川田レン(清野)と、ミスパンダを操る「飼育員さん」であり、大学で精神医学を学ぶ一方「メンタリストN」としてメディアにも出演する森島直輝(横浜)が“最凶バディ”を組んで、警察やマスコミが触れない“隠れた真相”を暴く物語。

主演の清野・横浜のほか、佐藤二朗、山口紗弥加、要潤らが出演する。

◆「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第3話あらすじ

精神科医・門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。

そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵(秋元才加)がコーチの鹿野博史(三浦貴大)とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。

そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠が現れる。釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか…?それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか…? 

世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。会見の模様をテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるようにと告げられる。

沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里(竹内愛紗)。亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。そこに世界選手権に出場する海外の有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチが訪れる。コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。その時、ミスパンダが現れる。ミスパンダは亜香里に向かって「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る。その後、沙奈恵をめぐる一件に新たな事実が判明し…。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません