【恋愛相談】「彼氏がいるのに幸せじゃありません。なぜですか?」他3つ

恋愛
ハウコレ
2020/01/26 09:15
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

【恋愛相談】「彼氏がいるのに幸せじゃありません。なぜですか?」他3つ

どうもあかりです。今回も恋愛相談記事を書いていこうと思います。この記事では、女性から恋愛にまつわるお話を聞いていてよく接するお悩みのうち、タイトルにもある「彼氏がいるのに幸せじゃありません。なぜですか?」の他3つの相談を扱います。もちろん恋愛に答えはありませんから、「これが絶対正解です」というつもりはありません。しかし、私なりの経験をもって、少しでもよい状態にもっていけるように頑張って答えさせていただきます。同じような悩みを抱えた人にとって、少しでも役立つことを祈りつつ、早速いってみましょう!

■「彼氏がいるのに幸せじゃありません。なぜですか?」

「彼氏がいて、ちゃんと彼氏のことを好きだと思っています。彼氏からも好かれています。でも、『心から幸せ』って感じられているかというと、正直微妙です。私の恋には何かが足りないのでしょうか?」(デザイナー/23歳)恋愛のコンディションは決して悪くない。でも、いまいち幸福度が高いと感じられない。少し意外かもしれませんが、そういうときにはその原因は、"恋以外"のことにある可能性が高いと思ってみてほしいです。たとえば仕事がうまくいっていないとか、友達付き合いに少し不安・不満があるとか、家族との関係がよろしくないとか。人は「幸せは恋愛に左右される」と当たり前のように感じてしまいがちです。恋多き女性はとくに。自分が満たされないことの原因を恋愛に求めようとする人に限って、「運命の相手じゃないのかも」とか「よい出会いがないから」などコントロールが難しい考えに至りがちですが、よく考えてもみてください。人が恋人にしてあげられることってものすごく限られています。デートをして、一緒に笑ってあげられることくらいしかないのです。たとえば彼氏に「仕事がうまくいかないんだよね……」と相談をされたとき、「話を聞くことくらいはできるけど、私が解決できる問題じゃない」と感じるはずですが、まさにそのとおり。恋愛では、恋愛以外の問題を解決することはできないんです。恋愛は、"幸せを得るもの"というよりも、"今ある幸せを好きな人と分け合うもの"。私生活の部分で幸せじゃない人が恋をしたからといって、急に幸せが舞い降りてくるような魔法ではありません。逆に、仕事その他の私生活部分が充実している人の恋はたいてい決まってちゃんと「幸せ」なのです。恋愛コラムですが、あえて空気を読まずに言わせていただくと「幸せを恋に頼らない」というのは、大人の女性が恋をするうえで欠かせない合言葉だと信じています。「恋はうまくいってるのに、幸せあんまり感じないぞ?どうしてだ?」と感じたときには、このことを思い出してみてください。そうしないと、"あるはずもない理想の魔法の恋"をいつまでも無意味に追い求めてしまうことになりかねないので。

■「浮気をされたくありません。どうしたらいいですか?」

「彼氏のことが大好きです。とくに証拠を掴んでいるわけでないのですが、浮気をされるんじゃないかってずっと不安です。どうやってこの不安に対処したらいいですか?」(メーカー/26歳)当たり前ですが、「浮気をするかどうか」は彼の問題であってあなたの問題ではないので、その意味で、"浮気を防止することは不可能"という事実をまず見つめましょう。テレビのニュースを見ていたりすると、私たちと比べ物にならないような超絶美人の芸能人やアイドルすら、浮気をされてしまうときにはされてしまうのです。浮気というものが防ごうとして防げるものじゃないということでもあります。そのうえで、"浮気を防止するために彼女にできること"は何か?と聞かれたときに私が必ずお答えしている内容があります。「浮気をされてしまうんじゃないかっていう不安を絶対に彼に見せないようにしよう」というものです。「浮気しないでね?」という不安が彼に伝わってしまうデメリットは、「彼氏を疑うのは彼女としてありえないから」という抽象的なものにとどまりません。その不安によって、彼の浮気リスクをあり得る限り最大化してしまうというかなり具体的なデメリットがあると思っています。まず、彼女が「浮気、してないよね?」とマジ顔で聞いてきたり、あるいは束縛などもっと具体的な形で不安を表明してきたときの彼氏側の心理を覗いてみましょう。「え、俺浮気なんてしてないのに、こんなに疑われてるの?全然信用されてないんだな。じゃあもういいや」あらぬ疑いをかけられた彼氏の心境はだいたいこんな感じです。彼女から浮気を疑われてしまったことで、"自分が信用されていないこと"を知ります。そしてそのことに対して、単に「ショックだな」と落胆するにとどまらず、「じゃあもういいや」とヤル気を失っているところがポイントです。基本的に男性は、「彼女を幸せにしたい」「彼女を傷つけないぞ」という気持ちで恋愛をしています。当たり前で、「彼女を泣かせよう」と思って付き合う男性はいません。ですが彼女が自分を信頼・信用していないとわかった途端、そのせっかくのヤル気が消えてしまいます。みなさんも子供の頃にこんな経験ありませんか?親に「宿題をしなさい!」と言われた途端、あと5分後に宿題を始めようと思っていたそのヤル気がどこかへ行ってしまうのと同じように。「こうしよう」と思っているところに、「どうせこれやらないんだろ?ちゃんとやりなよ」と言われてしまうのは、人間にとって一番やる気が損なわれることなのです。彼女が「浮気してないよね?」と聞くことで、「彼女を裏切らないように、ちゃんとイイ彼氏でいるぞ」というやる気がクラッシュされた直後に彼氏が浮気に走るかどうかはわかりません。ですが、少なくとも、そう聞く前後では、確実に聞く前の方が彼はやる気に満ちていたはずです。浮気を防ぐことは不可能。それは、「浮気しない」のがあなたじゃなくて彼氏の問題だからです。だからこそ、彼氏の問題は彼氏が自分でヤル気をもって達成してもらうしかありません。そしてこのヤル気を可能な限り高いレベルで保っておくためには、"信じてあげること"が最高の処方箋です。「浮気してないよね?」と聞くことよりも、「浮気なんてしてるわけがない」と強く信じて、そんな不安をおくびにも出さないようにするのが、現実的にあり得るいちばん効果的な浮気防止法です。

■彼氏に「私とだけエッチしたい!」と思ってもらいたいです

「私は特別エッチがうまいわけじゃないと思いますが、彼氏とエッチをするのは大好きです。こんなことを彼氏に言うことはできませんが、彼氏にも『彼女以外とエッチしたくない!』って思ってもらいたいです」(広告/25歳)こういう匿名ベースの相談ですと、エッチ関連の相談がとても多いことから、なんだかんだ女性のエッチへの関心の高さが窺えます。さて、彼氏のことが大好きな女性にはありがちなお悩みだと思います。心がいちばん大切だとは思うけれど、身体の関係も軽視できない。大人の恋愛であれば、これは正しい姿勢だと思います。彼氏から「彼女とだけしたい!」と思ってもらうためには、「彼氏の前でだけエッチな私」を見せてあげることが一番です。男性は、エッチが大好きですが、ヤリ〇ンは嫌いです。ヤリ〇ンを許容できるのは、セフレにする場合だけです。女性と同じです。ですが「俺の目の前でだけエッチな彼女」は大好きです。「本当は私、そんなにエッチ好きじゃないんだけど、あなたとするエッチは大好き」と思われるのがたまらないんです。自分に対する一途な愛情も感じるし、自分のエッチのうまさに対する絶賛も感じるからですね。そして、「あなたの前でだけエッチになってしまう」ような彼女に対して、男性は、単に性欲だけじゃなく「もっと気持ちよくしてあげたい」「もっといろいろ教えてあげたい」という探求心も感じます。「本来はそこまでエッチが好きじゃないはず」というのがここで効いてくるのです。あまりエッチに関する経験が豊かではない彼女が、自分とするのはすごく好きだと言ってくれる。そして、彼女のためにいろいろとしてあげると「気持ちいい」「ヤバい」「こんなのはじめて」みたいな嬉しいリアクションをしてくれる。こうなれば、彼氏としてわざわざ他の女性としようなんて思う動機が全くなくなってしまうわけですよ。かわいすぎて、楽しすぎて。「もともとエッチ好きというわけじゃない」「だけどあなたとするのは大好き」の2つの気持ちを伝えてあげてみることですね。

■「最近、人を好きになる方法を忘れてしまった気がします……」

「ここ数ヵ月人を好きになっていませんが、恋愛願望や結婚願望はあります。自分でもよくわからない状態で、正直どうしたらいいかわかりません」(受付/26歳)月並みな回答ですが、「とりあえず誰でもいいから付き合ってみなよ」と私ならアドバイスしたいと思います。意外にも、お見合い結婚の幸福度・満足度は非常に高いそうです。「結局、大好きになれた」と。こう聞くと、私たちが思うよりも「関係から始まる『好き』」ってあるのかもしれないな、と思うわけです。「自分はどうやって人を好きになるか」のメカニズムって自分自身でもよくわかりません。それなのに、「自然に好きになる感じじゃないと無理」って決めつけるのはもったいない。もしかしたら、「付き合ってみて、徐々に好きになる」の方が自分に合っているかもしれないのに、それを確かめもせずに最初から諦めるのは、自分の人生の可能性を潰すことになる、かも。もちろん、この場合にはキスとかエッチとかは本当に好きになれるまではしなくていいでしょう。そうやってお付き合いをしていくなかで、「エッチとかせずに、こんなに私を大切にしてくれる人って、本当にいるんだ」と真実の愛を知ってしまったりすることってあるかもしれません。「相手がかわいそう」という意見もあるでしょうが、別にどのタイミングで付き合うかは人それぞれですので、「相手のことを騙して不幸にしてやる」という動機でもない限り、かわいそうなんて思う必要はないです。実際にこの方法で好きな人が見つけられたらもちろん万々歳だし、仮にダメでも、「自分はこういうふうには人を好きになれない」とわかっただけでも、「自分が人を好きになる方法」について少しは詳しくなれたということで、それはそれで成功なんじゃないかしら。(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません