苦しい恋のグルグル思考にハマッているあなたへ

恋愛
マイナビウーマン
2019/09/26 15:10

“恋わずらい”とは、恋の悩みによって病気になっているような状態のこと。

筆者の愛するジャニーズアイドル「King & Prince」にも『koi-wazurai』という楽曲がありますが、でも中学生じゃあるまいし、恋わずらいで仕事が手につかない、人格が変わる、食欲がないなんて状態、アラサーではレアケースですよね?

■恋わずらいは、久々に恋愛した人がなりやすい

「どうでしょうね。ただ、そんな状態におちいっているアラサー女性から相談を受けることは、けっこう多いです。

好きな相手となかなかうまくいかず、好きになってほしいとあれこれ悩み、彼のことを考えれば考えるほど不安になったり、執着したり。僕は人がこのような状態になった時を、『恋愛回路』ができたと言っています。

恋愛回路とは、恋愛感情を抱いた相手のことを一定期間以上、思い通りにしたいと考えていると、脳の一定の領域にその人のことを考える回路ができるというものです」。

恋愛回路ができれば、何もしなくてもその相手のことを考えてしまいます。たとえば彼の出身地がニュースに出ていれば彼を思い出し、電車で恋人たちが手をつないで座っていれば彼のことを思い出します。ひどくなると仕事中でも、誰かと話していても、きっかけもなく、ずっと彼のことを考えてしまうのです。

なるほど、“恋愛回路”ですか。その恋愛回路というのは、どんなタイプの人にできやすいのでしょうか?

「生まれつき恋愛回路ができやすい人はいると思っています。それ以外だと、恋愛経験が少なくて、自分に自信がない人ですね。もちろん過去に恋愛経験があってもそれが数年ぶりだったり、久々に配偶者以外の異性と親しくなった既婚者など、長らく恋愛の現場から遠ざかっていた人もできやすいでしょう。

他にも、いつも恋愛していないとつらい恋愛体質の女性、見た目の美しさなどで過去にちやほやされていた女性が、ちやほやされなくなると恋愛回路ができやすくなると感じます。

その人が普通なら届かないほどスペックの高い男性を好きになり、その男性が手に入りそうで入らない距離にいれば、恋愛回路はできやすいでしょう。

■寝ても覚めても考えてしまう=“恋愛回路”ができている状態

先ほども言いましたが、一度恋愛回路ができると、きっかけがなくても相手のことばかり考えてしまいます。例えばその相手がアイドルだったり、ライブでしかみたことのないミュージシャンだったとしても、本人が『手に入るかもしれない』と信じ込んでいれば、恋愛回路はできます。

SNSでフォローしていた相手が、フォロー返しをしてくれただけで“脈あり”と思うなど、自分中心にいいように解釈してしまう人も多いです。

そう考えると分かると思うのですが、恋愛経験が少ない人ほど、あるいは恋愛から離れている時間が長ければ長い人ほど、カンちがいし、思い込み、恋愛回路ができて、抜け出せずに苦しみますね」。

ギクッ、痛いところをついてきますね。そんな苦しみからは早く解放されて、ハッピーな恋愛を楽しみたいものですが、そのためにはどうすればいいんでしょうか。

◇恋愛回路がはたらいていると、恋愛は成就しにくい

「簡単です。その相手のことを完全に手に入れるか、さもなければ完全にあきらめれば、恋愛回路はなくなります。

ちなみに、恋愛回路が働いていると、“恋愛は成就しにくい”んですよ。

結局のところ、感情は、人間に行動を起こさせるための道具なんです。その感情が暴走したら、余計な行動を次々と起こしてしまうでしょう。やることなすこと裏目に出て、ロクなことにならないので、注意が必要です」。

博士、意地が悪いです。そんなに簡単にあきらめられるなら、そもそも最初から悩みませんよ。

■恋愛回路から抜け出すには、“メタ認知”が有効

たとえ恋愛成就できないとしても、いったん、苦しい恋愛回路から抜け出す方法を教えてください。

「自分の感情を監視する、『メタ認知』が有効です。

たとえば自分がいつも同じパターンで恋愛しているということを、まずは認知すること。自分のことを客観的に考えられるようになれば、恋愛回路からは抜け出しやすくなります。

自分の考えはコントロールできていると思っている人が多いのですが、実際には違います。まずは自分はいま恋愛回路にハマっていて、常に悩みがぐるぐる回っているだけで、何も前に進んでいない状態にあることを認知しましょう。

◇客観的に自分の状態を把握すること

次に、悩んでいることを紙に書き出し(もちろんノート機能のあるアプリでも良いのですが)、考えうる解決策も書いていきます。あとでまた思い悩んだときにその紙を見ると、自分がまた同じことを考えていることに気づくでしょう。

冷静に客観的に自分の状態を把握できると、今すべき最善の策は何かということも考えられるようになります。それもまた紙に書きます。最善が分かれば、それをするだけ、それしかしてはいけないのですから、悩む必要がなくなります」。

最善がわからないときは、恋愛指南書を読んだり、恋愛の専門家にアドバイスをもらったりするとよいそう。

■内から外に心の向きを変えて、苦しい恋愛回路から脱却

それでも恋愛回路から抜け出せないなら、いろいろな人と話をして、気晴らしするのもひとつの手、と博士は言います。

「誰とも話さずに、内にこもって悶々としているから恋愛回路にハマるんです。人間の心は、外に触れているときは外に向くものなので、内側から外側に心の向きを変えましょう。

もちろん話をする以外にも、たとえばエクササイズで体を動かしたり、カラオケで発散したりするのも有効です。物理的に彼のことを考える時間を少なくして、恋愛回路が働きにくい習慣を身につけるんです。

◇最終的な方法は2つ

それでも恋愛回路が小さくならなければ、次の2つを試してください。この2つは、75年以上前に書かれ、今も売れ続けているベストセラー、デール・カーネギー著 『道は開ける』を参考にしています。この本は本当につらい状態にいる人を救う名著です。

で、ひとつは、“最悪を想定する”こと。たとえば、その大好きな人と結ばれなかったら、自分はどうなってしまうのか。これから起こりうる“一番悪いこと”を考えてみると、人は覚悟ができて開き直り、つらい精神状態から抜け出せたりします。

もうひとつはまったく真逆とも言えますが、“今日を生きることだけに集中”してみること。みんな先のことばかり考えるから、このツライ日が永遠に続くように思えて、不安になるんです。であれば朝起きて、仕事して、ごはんを食べて、寝る、その1日を過ごすこと“だけ”にフォーカスするんです。そうすればおのずと気持ちがラクになりますよ」。

体を動かして気分を発散する、目の前のことにだけ集中する。いずれにしても「恋愛の相手」以外のことに目を向ける時間が増えれば、おのずと恋愛回路から抜け出すというわけですね。

もし今、ぐるぐると同じことを考え続けて苦しい状態に陥っているという人は、博士のこれらのアドバイスを試してみてはいかがでしょうか。

(取材・文:吉祥さゆり)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません