辛い失恋からどう立ち直ればいい?別れ直後から吹っ切れるまでの乗り越え方

恋愛
ハウコレ
2019/09/25 10:15
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

辛い失恋からどう立ち直ればいい?別れ直後から吹っ切れるまでの乗り越え方

多くの人は、失恋を経験しているはず。そして、その失恋の辛さから乗り越えているでしょう。しかし、はじめての失恋、今までにない大きなダメージを受けた失恋をした人の中には、立ち直りたくても立ち直れずにいる人もいるはずです。そんな時、どのように乗り越えたら良いのでしょうか。

■辛い失恋をなかなか乗り越えられない

失恋をすれば、誰だって苦しく、寂しいものです。しばらくの間、人と接することができなくなる人もいれば、食欲を失い、仕事にも手が付かなくなる人もいるでしょう。失恋で落ち込んでしまうのは、当然のことです。しかし、いつまでも立ち直れずにいると、あなたの生活がままならなくなってしまう恐れが。無理をする必要はありませんが、前を向いて歩くことが必要です。

■失恋が辛いときに避けるべきこと

失恋し、苦しい思いをしている人の中には、「早く吹っ切らなければ」と思っている人も多いでしょう。「前向きに考えよう」と、色々なことを試している人もいます。辛いながらも、友達と出かけたり、趣味に没頭している人もいるはず。しかし、中には良かれと思って行っていた行動が、より辛さを強めたり、長引かせる結果になっている人も。では、失恋で辛い時に避けるべき行動についてご紹介しましょう。

■振られた理由を考えて後悔し続ける

失恋をすると、「どうして、こういう結果になってしまったのだろう?」と考える人も多いはず。「私の、こういった行動がいけなかったのでは?」「こんなことを言ったから、振られたのでは?」と自分の行動を後悔してしまう人も多いでしょう。しかし、別れた理由を考え、後悔するのは自分自身を苦しめてしまうだけ。「今回は、こんな結果になってしまったけれど、この経験を生かして、次の恋愛は楽しもう」とプラスに取られることができるようになれば、失恋も吹っ切りやすくなるはずです

■ふたりの思い出の過去を振り返る

恋人がいれば、様々な場所にデートに出かけているでしょうし、思い出の品もあるはず。交際期間が長くなればなるほど、思い出は多いでしょう。そんな人は失恋した時、思い出の写真などを見返す人が少なくありません。しかし、思い出を振り返れば振り返るほど、「この頃は楽しかったな」「あのころに戻りたい」と過去にこだわってしまいます。吹っ切れていない時には、思い出の品などは見ない方が良いでしょう。

■ひとりでこもって悩み続ける

失恋に苦しんでいる人は、「いまは、誰とも話したくない」「友達と会うのも嫌」と思う人が多いでしょう。しかし、失恋に苦しんでいる時こそ、ひとりきりにならないことが大切。ひとりきりになってしまえば、「どうして、別れてしまったのだろう?」と悪いことばかり考えてしまいます。人と会いたくない、話したくないと思っていても、辛い時こそ家族や友達と一緒に過ごすようにしましょう。

■辛い失恋の乗り越え方【初期段階】

失恋の乗り越え方は、人によって様々。失恋して、どのくらいの期間が経っているかによっても、対処の仕方はかわってくるでしょう。では、失恋直後、初期段階には、どのような方法で乗り越えたら良いのかご紹介します。

■元気に振舞わず、思いっきり泣く

失恋しても、友達の前では元気に振る舞う人もいます。「友達に心配されたくない」といった思いや、「そんなに傷ついていない」と思い込むために、いつも通りに元気に振る舞っている人もいるでしょう。しかし、辛い時には思い切り泣くことも大切。涙を流す行為は、心のデトックスの効果があります。無理をして元気ぶらずに、一人きりの時に思い切り泣きましょう。そうすれば、心がすっきりするはずです。

■相手に関わるものは全て手放す

「早く、失恋を吹っ切りたい」と思うのであれば、その恋愛に関わるものを処分することも大切。たとえば、思い出の写真、もらったプレゼントなど、彼を思い出してしまうようなものは思い切って手放しましょう。「捨てられない」と思うのであれば、いまは無理して処分せず、目に付かない場所にしまっておくと良いでしょう。彼に関わるものに触れないことで、自然と思い出すことが少なくなるはずです。

■友達に話を聞いてもらう

失恋の辛さから脱するためには、あなたの心の中を整理することが必要。そのためには、友達に話を聞いてもらうと良いでしょう。人に話すことで、あなたの心の整理をすることもできますし、思い掛けないアドバイスを受けることもあります。何よりも、「辛いんだ」という思いを吐き出すことで、気持ちが楽になるでしょう。

■失恋の歌を聞く

失恋をした時、「私だけが辛い」と思うもの。しかし、失恋は多くの人が経験しており、乗り越えています。そのため、失恋の歌を聞くのもおすすめ。「辛いのは、私だけじゃない」と思うこともできれば、失恋の歌で思い切り泣いて、心をすっきりとさせることもできるでしょう。

■体調を壊し始めたら専門家へ相談する

失恋に苦しみ、立ち直れずにいる人の中には、身体に支障を来してしまっている人もいます。「夜、眠れなくなってしまった」「食欲がわかない」といったような症状が出てしまった人は、放っておくと病気を引き起こしてしまう可能性も。「自分では、どうにもできない」といった体調不良が現れたら、早めに専門家に相談するようにしましょう。

■辛い失恋の乗り越え方【中期段階】

辛い失恋をし、少しずつ気持ちが前向きになってきたら、中期段階としての対処方法を取り入れることが大切です。こうして段階を経て対処していくことで、失恋の辛さはより和らげることができるでしょう。

■部屋の大掃除をする

失恋後、辛さで「何もする気が起きない」と感じていた人も多いはず。そんな人は、「気が付いたら、部屋の中が散らかっている」という人も多いのではないでしょうか。そんな人は、この機会に部屋の大掃除をはじめましょう。掃除というのは、意外と気分を変えてくれるもの。部屋が綺麗になれば、心もすっきりとさせることができます。きれいな部屋になれば、考え方も前向きになってくるのではないでしょうか。

■予定をいっぱい入れて毎日を充実させる

失恋の辛さから少し脱出できたら、楽しむ時間を作ることがおすすめ。少し気持ちが落ち着いてきたのであれば、友達や家族との時間も楽しむことができるはず。休日、仕事帰りなど、予定をたくさんいれて毎日を充実させましょう。「充実しているな」と感じることができるようになれば、「いまの自分も悪くない」と思うことができ、いつの間にか失恋の痛手も忘れているはずです。

■新しいことをはじめる

少しずつ元気を取り戻したら、この機会に新しいことをはじめてみるのも良いでしょう。たとえば、新しい習い事をはじめたり、社会人サークルに入ってみることがおすすめ。新しいことをはじめることで、新鮮な気分を味わうことができますし、新たな世界を広げることができます。新たな世界が広がれば、コミュニティーも広がり、出会い等の可能性も増やすことができるでしょう。

■自分磨きをはじめる

失恋すれば、誰だって落ち込みます。そして、自分に自信を失ってしまうでしょう。しかし、その失恋はあくまでもご縁がなかったから。次の恋をするためにも、自分に自信を取り戻すためにも、自分磨きをはじめましょう。自分磨きの方法は、様々。仕事に生かせる資格取得を目指すのも良いですし、ファッションやメイクなどを学ぶのも良いでしょう。たくさん本や映画を観るのも、自分の栄養になるはずです。

■辛い失恋の乗り越え方【最終段階】

失恋の辛さから、だいぶ乗り越えられた人もいるはず。「あともう少しで、完璧に吹っ切れる」という人もいるでしょう。そんな人は、辛い失恋を無駄にしないために、どんな乗り越え方をしたら良いのか、ご紹介します。

■別れた原因を考えて次に活かす

だいぶ失恋から乗り越えられた人は、もう彼のことを思い出しても、それほど落ち込むことも辛くなることもないはず。そんなタイミングで、一度別れた原因を考えてみると良いでしょう。ただし、ここで原因を考えるのは後悔するためではなく、次の恋愛に生かすため。「こんなところが悪かったのかな」「次は、こんな風にしてみよう」と考えることができれば、辛い失恋経験もムダにはならないはずです。

■交友関係を増やす

辛い失恋をすると、「しばらく、恋愛はいいかな」と思う人が多いでしょう。一度辛い経験をすれば、誰だって「もう、同じ経験はしたくない」と思うものです。しかし、人との出会いは恋愛関係だけではありません。新たな出会いは、あなたの視野を広げることができるでしょう。新たな交友関係を楽しんでいるうちに、自然と恋愛を意識する相手も現れてくるはずです。

■新しい恋を探しはじめる

失恋の辛さを乗り越え、吹っ切れてきた人は、新たな恋を探してみるのもおすすめ。確かに、今回は辛い失恋を経験したかもしれません。しかし、それは相手が彼だったから。彼とは、合わない部分があり、ご縁がなかっただけ。恋愛をすれば、必ず辛い思いをするわけではありません。新しい恋が見つかれば、きっと辛かった失恋経験も「あの失恋があったから、この恋ができたんだ」と思える日がくるでしょう。

■辛い失恋で仕事が手につかないときのQ&A

失恋を経験した人の中には、「仕事に行きたくない」「仕事なんてできる精神状態ではない」と思う人もいるでしょう。確かに、失恋した後は気持ちが安定していませんし、仕事へと頭を切り替えることは難しいでしょう。しかし、社会人として仕事とプライベートは分ける必要があります。では、失恋で仕事に手が付かない時についてご紹介します。

■仕事ができそうにない場合は休んでいいの?

失恋した直後は、誰だって辛いもの。涙が止まらず、ずっと泣き崩れている人もいるでしょう。そんな人は、「仕事は無理」と思う人が多いはず。しかし、社会人として「仕事を休んで良いのだろうか?」と自問自答してしまう人も多いでしょう。もちろん、どんなに失恋で辛くても、社会人としては仕事をすることが基本。しかし、「いまの状態では、周りの人に迷惑をかけてしまう」と思うような状態であれば、「今日だけ」と期限を決めて休むのも仕方がないでしょう。

■失恋相手が同じ職場で仕事を辞めてもいい?

失恋した人の中には、「彼が、同じ職場にいる」という人もいます。職場恋愛は楽しいものですが、別れた後には気まずいもの。その結果、「仕事を辞めたい」と思う人も多いでしょう。仕事を辞めるのは、本人の自由ではありますが、辞める前にあなたの生活を考える必要があります。今後の生活も考え、やっていけると思うのであれば、思い切って転職をするのもひとつの方法。ただし、辞める際には周りの人に迷惑をかけないように、いま抱えている仕事はしっかりとやり切ることが必要です。

■失恋相手が同じ職場の場合はどうしたらいい?

職場恋愛だった場合、別れた後の関係に悩む人も多いでしょう。まず、同じ職場であっても、話す必要がない関係であれば、失恋後もいままで通り仕事をすることができるはず。しかし、話さなければいけない関係であれば、お互い大人になって「仕事」と割り切って付き合っていくことが必要です。そのためには、別れた後に同僚に彼の悪口などを言わないことも必要となるでしょう。

■辛い失恋を乗り越える期間はどれくらい?

失恋をした時、なかなか立ち直れずにいると「他の人は、どのくらいで立ち直っているのだろう?」と思う人も多いでしょう。確かに、他の人の経験というのは気になるもの。しかし、恋愛は人によって様々な形があります。そのため、立ち直る方法も異なれば、立ち直る期間も様々です。

■男女で乗り越える平均期間に違いがある

失恋から立ち直る期間は、人によって異なりますが、男女を比べると女性の方が立ち直りはい傾向にあります。なぜなら、女性は終わったことはスパッと割り切ることができるため。それに対し、男性は終わったことをいつまでも思い続ける人が多いため、乗り越えるまでに時間がかかりやすい傾向にあります。

■辛い失恋が思い出に変わるのは半年以上

失恋から立ち直る期間は、人によって異なりますが、3カ月から半年というのが平均的。当然ですが、失恋してから1週間から1ヵ月程度は誰でも「辛い」と思う時期を過ごすことになるでしょう。しかし、半年も経つと思い出として割り切ることができるようになる人がほとんど。もちろん、数年経っても引きずってしまう人もいますが、時間と共に思い出に変わっていくことは間違いないでしょう。

■辛い失恋を乗り越える期間を意識しすぎないこと

失恋から立ち直る期間の平均を知ると、「自分も、ここまでには立ち直らなければ」と思う人も多いでしょう。確かに、早く立ち直れればそれに越したことはありません。しかし、立ち直ったと思っていても、心の整理ができていなかったり、ちゃんと自分の中で消化できていなければ意味がありません。立ち直る期間は、人によって異なるものですから、あまり期間は意識せず、どう自分の中で消化していくかを意識しましょう。

■まとめ

失恋後は、誰だって辛いもの。「この失恋を乗り越えられるだろうか?」と今も不安に思っている人もいるでしょう。しかし、失恋の辛さは必ず時間とともに癒えていくものです。そして、いつかは「あの頃は辛かったけど、良い思い出だな」と思えるようになるはず。失恋の経験は、決してマイナスではありません。その失恋は、あなたを幸せにするための一つの試練と前向きに捉えましょう。(NaonN/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません