実は頑張ってる?彼氏の愛情表現の種類!愛される方法も伝授

恋愛
ハウコレ
2019/09/14 10:15
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

実は頑張ってる?彼氏の愛情表現の種類!愛される方法も伝授

彼氏とは恋人同士なわけですから、当然お互いのことを好きだと思っているはずです。しかしながら、彼氏がなかなか愛情表現をしてくれなくて不安になっているという方もいるのではないでしょうか。なかには、付き合う前や付き合い始めのころは愛情表現が多かったのに、最近は愛情表現が減った、少ないと感じているという人もいることでしょう。しかし、実はあなたが気づいていないだけで、彼氏なりに愛情表現を頑張っているのかもしれません。そこで今回は、彼氏の愛情表現の行動パターンと、彼氏に愛される方法についてご紹介します。

■彼氏からの愛情表現がなくて不安だけど…

彼氏からの愛情表現が減った、それどころか最近まったくない気がする…とても不安になりますよね。どうしてそんなにドライな態度を取るんだろうと思ってしまいます。しかし、冒頭で述べましたように、実はあなたが気づいていないだけで、彼氏なりに愛情表現をしている可能性があるんです。少ないようで実は多い、男性の愛情表現の現実をご紹介します。

■実は彼なりに頑張っていることも

カップルのすれ違いに多いのが、彼女が彼氏に不満を持ったときに、彼氏が「自分は頑張っているのにどうしてわがままを言うんだろう」と思うということです。このすれ違いは、彼氏の行動の真意がわかりづらく、彼女にきちんと伝わっていないことから生じます。彼氏がもっとわかりやすく愛情表現をしてくれればいいのですが、なかなか難しいことが多いんですね。愛情表現のパターンを知り、彼氏が実は愛情表現をしてくれているということを察してあげるとうまくいきやすいです。

■男性は愛情表現が控えめになりがち

男性は愛情表現が控えめになりがちだという傾向があります。男の子が泣いてはいけないという言葉があるように、男性は小さなころから感情を表に出さないことをよしとする風潮があるので、自分の気持ちをストレートに表現することが苦手なんですね。そういうこともあってシャイな性格をしている男性も多いですし、ドライなわけでもないのに愛情表現が上手くできないという人がたくさんいます。自分が愛情表現をストレートにできるタイプだと、ついつい彼氏の行動に不満が出てしまうでしょうが、彼氏が上手く表現できないのは仕方がない一面もあるのだということを理解しておきましょう。控えめなだけで実は愛情表現をたくさんしているということはよくあります。少ないように見える彼のサインを見逃さないようにすることが大切なんです。

■彼氏がしている愛情表現って?

ここでは、彼氏がしている愛情表現のパターンをいくつかご紹介します。彼氏の行動をよく見ることで、実はかなり愛されてるということがわかるようになりますよ。彼氏のことをよく理解するためにも、男性の愛情表現の仕方をきちんと把握しておきましょう。お互いのことを理解することは、関係を長続きさせるためにも必要なことです。もしも以下の内容のことを彼氏がよくしているようなら、彼氏はあなたのことを愛しているということになります。そのときは、たくさん愛情を返してあげるといいでしょう。

■容姿や中身をほめる

容姿や中身をほめることは、シンプルな愛情表現であると言います。自分が彼女のことを好きだなとか、本当にいいなと思うからほめるわけですね。ほめられることに慣れている人だと、こんなことじゃ愛情表現にならないと思うかもしれませんが、彼の中では立派な愛情表現なんです。もしも彼氏があなたのことを何度もほめるようなら、素直に気持ちを受け取るようにしてあげてください。とくに彼氏があまり女性に対してかわいいとか素敵だということを言わないようなタイプなら、容姿や中身をほめることは、最大級の愛情表現であるということになります。心からあなたのことをいいと思っており、どうにかしてその気持ちを伝えたい、あなたに喜んで欲しいと思っています。ほめ言葉は愛情表現ということを忘れないようにしましょう。

■「お疲れさま」など体調面を気遣う

「お疲れさま」「大丈夫?」など、体調面を気づかう言葉も愛情表現のひとつです。あなたのことを気にかけているという証拠になりますし、あなたのために役に立ちたいというメッセージでもあります。もちろん普段からいろいろな人に心配することが癖づいている人の場合は、特別な愛情表現かどうか区別することは難しいですが、意外とこういう何気ない声がけが愛情表現になっている男性は多いです。これを愛情のひとつだと感じない女性は多いので、男性からすると「いつも気にかけて心配しているのに…」という思いが出てくるわけですね。彼氏の優しさから、彼の愛情を感じてあげましょう。

■恋人つなぎやハグなどのボディタッチ

付き合ってから増えたという人が多いと思われる愛情表現がこれです。恋人つなぎで手を握ったり、ハグしたり頭を撫でたりなどのボディタッチですね。彼女のことをかわいい、大事にしたいという気持ちがあるので、できるだけ彼女に触れようとしてきます。体に触れるということは、多くの人がやるわかりやすい愛情表現です。親が子供を抱いて優しく接するのと同じく、彼女に触れて愛してるという行動を示す男性はたくさんいます。また、彼女を可愛がる気持ちだけではなく、自分自身が彼女のことを強く求めていて、もっと近づきたいという欲求が出ているという一面もあります。彼女のことを欲しいと思う気持ちからのボディタッチのような行動に出ることは、愛情表現のひとつの形と言って問題ないでしょう。

■下の名前で呼ぶ

当たり前のように友達と下の名前で呼び合っている人はなかなか気づきませんが、実は下の名前で呼ぶということは、愛情表現のひとつなんです。苗字ではなく下の名前で呼ぼうとしている時点で仲よくなりたいという気持ちがありますし、あなたに親近感を持って接していることがわかります。とくに彼が他の女性に対して馴れ馴れしくしないというタイプだったら、あなたのことを特別に思っていて、彼なりに愛情表現している可能性が高いです。また、このような男性は、自分のことも下の名前で呼んで欲しい、もっとフレンドリーに接して欲しいという気持ちが強いです。女性を求めていて愛情に飢えているところがあります。そんな風に見えないことが多いのですが、実は心の奥では人とのつながりを求めているということがあるので、彼氏の気持ちにストレートに応えてあげるといいでしょう。

■記念日を祝う

記念日を祝うということは、男性にとってわかりやすい愛情表現です。彼女のことを大切に思う気持ちがあるからこそ、記念日を大事にしようと思います。男性の中には人の記念日に無頓着な人がいます。もしも彼氏があまり友達の誕生日などを気にしないタイプなのに、あなたとの記念日は大事にするということがあるなら、あなたのことを特別愛しているということになります。記念日を祝われることは当たり前だと思って、それを愛情表現には入らないと考えてはいませんか?実は彼にとって精一杯の愛情表現なのかもしれませんよ。

■相談に乗る

男性は、好きな人の役に立ちたい、困っているときは助けたいという気持ちがあります。その気持ちが行動に出るのが、相談に乗るという行為です。好きな人の話を聞いて、受け止めてあげて、役に立とうとします。相談に乗るという行為だけ考えるとあまり愛情表現という感じはしませんが、好きな人のために役に立とうとしているという味方をすれば、愛情表現をしているように思えませんか。愛しているなどの言葉がないからと言って、愛情表現をしていないというわけではないということがよくわかりますね。彼氏の対応に感謝しつつ、愛されているということを実感するといいでしょう。

■悪い面を指摘・アドバイスをする

女性の悪いところを指摘することは勇気がいるものです。反感を買う可能性がありますし、最悪自分の元を離れてしまうかもしれないというリスクを考えると、なかなか言いづらいものです。それでも彼があなたの悪い面を指摘してアドバイスすることは、あなたのことを愛しており、もっとよくなって欲しいという気持ちがあるからです。とくに年上男性や不器用で真面目な男性は、この愛情表現をすることがあります。ただし、なかにはモラハラのように自分が優位に立つことが好きなだけという男性もいるので、そこだけは注意してください。ただアドバイスをするだけではなく、自分が上だということをアピールしてくるようなことがあるなら要注意です。モラハラでないとあなたが思うなら、彼の態度は愛情表現であると言えます。

■彼女の優先度を高くする

ほかの予定よりも彼女のことを優先するという行為も愛情表現のひとつです。そんなの当然だと思う人もいるでしょうし、彼が自分のことを優先してくれていることに気づかないという人もいるでしょう。彼の話をよく聞いてみると、実はほかの予定を断っていたとか、仕事を早く切り上げて会いに来てくれていることがあったということがよくあります。彼はあなたのことを心から愛しており、自分自身も彼女と早く会いたい、時間を使いたいという思いがあるので、彼女の優先度を高くします。

■言葉での愛情表現

これは一番わかりやすいと言っても過言ではないでしょう。言葉であなたに対する愛を表現するという方法です。「好きだよ」「一番大事だよ」というように、甘い言葉をささやくわけですね。彼氏が嬉しいことを言ってくれると、こちらもキュンキュンしますよね。彼はあなたに対して好きという気持ちでいっぱいになっており、その気持ちを言葉にして伝えたい、自分が愛しているということをわかって欲しいなどと思っています。また、自分の言葉で彼女が嬉しい顔を見せてくれるのを期待しているという一面もあります。もしも彼氏が言葉での愛情表現をしてくれたら、あなたも彼の愛に応えてあげるといいでしょう。

■彼女の話を聞いて中身を理解しようとする

相談に乗るということとやや似ていますが、彼女の話をじっくり聞いて中身を理解しようとする愛情表現です。この場合は役に立ちたいという気持ちよりも、あなたのことを理解したい、分かりあえる関係になりたいという気持ちの方が強いです。愛するということは相手のことを理解することが必要不可欠ですから、ある意味愛しようとしている直接的な行動であるとも言えます。

■彼氏の愛情表現問題…向きあい方は?

彼氏からの愛情表現にはいろいろなパターンがあることはわかりました。しかし、それでも彼氏の愛情表現が減った気がする、彼氏がシャイでなかなか愛情を感じることができないということはあるでしょう。そこで、彼氏との愛情表現についての向きあい方についてまとめました。彼氏との愛情表現に悩んでいるという人は参考にしてみてくださいね。

■自分からきちんと愛情表現をする

まずは彼氏にもとめるのではなく、自分自身がたくさん愛情表現をするようにしましょう。すでににたくさんしているよという方は問題ありませんが、あまり自分から愛情表現することができていないという人はやってみるといいでしょう。どうしたらいいかわからないという人は、「好きだよ」「ありがとう」「嬉しい」といったポジティブな言葉を口にするようにしてみてください。男性は女性以上に鈍感なので、彼女が本当に自分を愛しているのかわからないことが多いです。彼氏を安心させる効果がありますし、彼女がわかりやすい愛情表現をすることで、彼氏のほうも愛情表現をしてみようと思うようになります。

■彼氏の性格などもあるため無理に愛情表現させない

愛情を言葉にすることが苦手だとか、シャイでどうしていいかわからなくなるなど、彼氏の性格によっては愛情表現そのものが苦手だということがあります。そのようなときに無理やり愛情表現させようとしても逆効果です。大きなストレスになり、面倒だとか、うざいなどと思われるようになってしまいます。愛情表現が少ないように見えるからといって責めてはいけません。愛情表現をして欲しいと思っているのに、彼の気持ちが冷めるということがあっては本末転倒です。どうしても愛情表現して欲しいというときは、かわいくおねだりしながら好きって言ってもらうとか、彼氏も嫌な気持ちにならないように配慮してください。寂しいという気持ちを伝えること自体は悪いことではありませんから、彼氏を責めることにならないように注意しながらおねだりしてみるといいでしょう。

■彼女というポジションに自信を持つ

彼氏の愛情表現が足りないとか減ったなどと思ってしまうのは、あなたの心の内に不満や不安があることが多いです。本当に彼氏に愛されているのだろうかとか、彼はほかに好きな人がいるのではないかなどと考えてしまうわけですね。しかし、どれだけあなたに不安な気持ちがあったとしても、現実的に彼女なのはあなたです。この事実はとても大きいです。彼だってボランティアではありませんから、好きでもない人を恋人にしたいとは思わないでしょう。恋人として接してくれている時点で、あなたのことを愛する気持ちがあるはずです。あなたはもっと自信を持っていいんです。調子に乗れとは言いませんが、あなたの大好きな彼の彼女というポジションをゲットできているという事実に満足し、自分を認めてあげてください。自分を認めて自信をつけることができれば、いま以上に魅力的なあなたになることができます。

■たとえ分かりやすい愛情表現がなくてもポジティブに考える

彼氏がわかりやすい愛情表現をしなくてもあまりネガティブにとらえることはやめましょう。彼氏も自分なりに愛情表現をしていることが多いですし、彼にあまり無理をさせると、彼氏が苦しむことになります。前述のように、彼のことを責めないように気をつけつつ寂しいとか、好きと言ってと軽くおねだりするくらいでちょうどいいでしょう。いい雰囲気のときにベタベタに甘えて愛情表現してもらうという手もあります。あまり深く考えすぎると、どんどん悪い考えばかり浮かんでしまい、憂うつな気分になってしまいます。あまり深く考えず、ポジティブに彼と接することを意識しましょう。気楽な気持ちで関わるようにしたほうが、普段のコミュニケーションが楽しいものになりますよ。

■彼氏が思わず愛情表現をしたくなる女性とは?

どうにかして彼氏に愛情表現される女性になりたい、どんな女性が彼氏に愛情表現されるの?って気になりますよね。無理は禁物とはいえ、できるだけ彼氏に愛情表現されたいと思うのが女心というものです。そこでここでは、彼氏が思わず愛情表現したくなる女性の特徴についてご紹介します。もしも自分が当てはまらないなと思ったら、すぐにでも改善してみましょう。もしかしたら、彼氏がたくさん愛情表現してくれる人に変わるかもしれませんよ。

■一緒にいるだけ疲れやストレスが吹き飛ぶ癒し系

一緒にいるだけで疲れやストレスが吹き飛んでしまう癒し系の彼女は、彼氏に愛情表現されやすいです。そういう癒し系は男性から見てかわいいことが多く、自然とかわいいとか好きという言葉を口にしたくなります。また、自分が彼女に癒されることで、自分には彼女が必要だという気持ちや、自分も彼女の役に立ちたい、喜ばせたいという思いが強くなるので、自然と愛情表現が多くなるというわけです。こちらだけ求めるのではなく、彼氏が愛情表現したくなるような、与える彼女になることが大事だということがよくわかりますね。

■支えてくれる人

癒し系とはタイプが異なるものの、これも存在の大きさを実感できるタイプであると言えます。男性は、自分のことを支えてくれて側にいてくれるような彼女は大事にしたいと思いますし、ずっと側にいて欲しいと思います。感謝の気持ちがとても大きくなるので、自然と愛情表現が増えるというわけですね。あなたはいま、彼氏のためになにかしてあげることができているでしょうか。パートナーとして彼氏が思わず感謝したくなるように支えてあげることができると、彼はあなたのことをもっと好きになり、愛情表現したくなることでしょう。

■自分のことを真っ直ぐ愛してくれる人

やっぱり自分のことを真っ直ぐに愛してくれる人の存在って嬉しいですよね。一途に思われたいという気持ちは、男女ともにあります。自分のことを愛してくれて大事にしてくれる人のことは、愛着がわいて大事にしたいと思うものです。愛を返したい、思いに応えたいと自然に思うようになります。愛情表現をするだけではなく、彼のことを一途に思っているということをさり気なく伝えることができると、彼のほうもあなたに対して愛を返してくれることでしょう。

■まとめ

彼氏の愛情表現が減った、彼氏がドライな態度で不安になっているという人は、実はそれは彼氏の愛情表現に気づいていないだけかもしれません。愛情表現にはさまざまな形があり、愛しているという言葉を伝えるだけが愛情表現ではありません。当たり前のようにやっている日常の行動も、実は愛情表現だったということがよくあります。今回ご紹介した内容を参考にして、彼氏の愛情表現の形を探ってみてください。そのうえでやっぱり足りない気がすると思うなら、彼氏に愛情表現するようにおねだりするといいでしょう。また、彼氏が能動的に愛情表現したくなるような女性になることも大切です。彼氏を癒し支えて真っ直ぐに愛することで、彼はあなたの気持ちに応えるようになりますよ。(drkun/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません