新たなチャンスの予感。「靴を買う夢」の意味

トレンド
マイナビウーマン
2019/08/20 07:10

靴ずれや足にマメができると、一日中痛む場所が気になってしまいますよね。足というのは、意外に弱く傷つきやすいところです。その足を守る役目の靴は、夢の中でもやはり大切な役割を果たします。夢に出てくる靴がどんなことを象徴し、何を告げているのか、細かく紐解いていきましょう。

■靴の夢が象徴するのは「社会的な役割」

スピリチュアルな解釈では「靴」は社会的な役割や、社会生活を送るための基本的な知恵や知識を表します。これは「足」=人生の基盤を覆い、保護するものという意味に由来しています。

古い靴はあなたに、今まで身につけてきた知恵や実力が十分あることを暗示します。しかし破れたり壊れていたりすると、意味はマイナスに傾きます。新しい靴は、新たな役割が与えられることと、その役割をあなたがまだよく理解していないことを表します。

また一足の靴はひとつの役割を、たくさんの靴はたくさんの役割を示しています。

そして、靴の色においても表す意味が異なります。

・赤い靴:果たすべき役割にエネルギーが必要なこと

・白い靴:その役割に清らかさと真実を知る必要があること

・青い靴:冷静さと知性が必要なこと

靴の夢は、靴の状態がよければ吉、悪ければ凶となります。

■靴にまつわる夢が暗示するものとは?

「靴」の夢は「足=人生を支える基盤」を保護するもの、という意味から、仕事や家庭内での役割や地位と、それに必要な知恵や知識を示します。ではあなたの役割や地位は、今どんな状態でしょうか。夢に出てきた靴にまつわる状況をくわしく見ていきます。

◇靴を買う夢の意味は「新たなチャンスが生まれる」

あなたには新しい役割が与えられ、そこから新たなチャンスが生じるでしょう。また望む方向に進んでいけることも表しています。

◇靴を探す夢の意味は「まちがった方向へ進んでいる」

あなたが進もうとしている方向が誤りであることを告げる警告夢です。本当は、探す必要などないのです。必要な靴=役割は、もうあなたに与えられています。

◇靴をもらう夢の意味は「新たな役割を与えられる」

靴をもらう夢は、あなたの今までの成果が称賛された上で、新たな役割がやってくることを表します。昇進の可能性もありえそうです。

◇靴を盗まれる夢の意味は「役割の拒否」

靴を盗まれる夢は役割の拒否を表します。あなたは心の底で、今の自分の役割は果たしたくないと感じていませんか。またはうまくいかないかも、やってはいけないことかも、という与えられた役割への否定的な意識をも表しています。

◇靴をなくす夢の意味は「漠然と役割を果たしている」

靴をなくす夢は、自分の役割を漠然と果たしていることを表します。意志や目的意識を持って役割を果たすと、人生が充実します。または疲れを癒やす必要があるかもしれません。

◇靴が見つかる夢の意味は「新たな可能性の発見」

靴が見つかる夢は、自分の中に新たな可能性を見いだすことを表します。新たな才能や適性、気づかなかった感情に気づくでしょう。

◇左右ちがう靴をはく意味は「バランスの悪さ」

スピリチュアルな夢解釈では、右は自己主張や人に与えるなど押し出す力、左は知性や思考を受け取る力を表します。左右履いている靴がちがうなら、押し出す力と受け取る力がアンバランスなことを示します。

◇靴を忘れる夢の意味は「本来の役割を置き去りにしている」

靴を忘れる夢は、自分の役割を置き去りにしていることを表します。他人のことにかまけていたり、他人の問題にエネルギーを注ぎすぎたりしていないか、チェックしてみてください。

◇靴を洗う夢の意味は「生活や仕事がスッキリと清まる」

靴を洗う夢は、人生の基盤を支える生活や仕事全般が、スッキリと清まることを意味します。悪習慣が断たれるときにも見るようです。

◇靴を拾う夢の意味は「新しい才能や適性の発見」

靴を拾う夢は、人生の基盤を支える生活や仕事全般で、新しい才能や適性の発見があることを示します。拾った靴が足になじむようなら、転職を考えてみてもいいかもしません。

◇靴を捨てる夢の意味は「必要のない役割から降りる」

靴を捨てる夢は、あなたにとって必要のなくなった役割から降りることを表します。ひとつ大人になったときに見る夢でもあります。

◇靴が濡れる夢の意味は「仕事や家庭で感情的になりすぎる」

夢の中で水は感情を表し、靴が濡れる夢は、仕事や家庭での役割を果たす際に、感情的になりすぎていることを示しています。

◇靴を借りる夢の意味は「他人の役割を一時的に引き受ける」

靴を借りる夢は、他人の役割を一時的に引き受けることを表します。その人の立場に立つことで、きっと新たな気づきがあるでしょう。でも相手の人生に引きずられないよう気をつける必要があります。

◇靴に穴があく夢の意味は「自分の役割への配慮が足りない」

靴に穴があく夢は、自分の役割に対する考え方に足りない部分があることを示します。もう一度仕事や生活上の役割に、問題がないか考えてみてください。誰かに相談するのもいいでしょう。

◇靴があわない夢の意味は「役割が自分に合っていない」

靴があわない夢は、与えられている役割が、あなたに合っていないことを表しています。役割や、やり方を変える必要があるようです。

◇靴屋に行く夢の意味は「仕事や社会での可能性が開ける」

靴屋に行く夢は、これからあなたが、社会でのさまざまな役割=仕事を選べる可能性を表します。夢の中の靴屋では、たくさん靴を買うよりも、自分にピッタリ合ったものを一足だけ買ったほうがよいようです。

◇靴紐を結ぶ夢の意味は「役割を果たすための団結」

靴紐を結ぶ夢は、あなたが社会的な役割を果たすため、誰かと力を合わせたり、多くの人と団結したりすることを表します。ただし靴紐が絡まってしまう場合は、仕事や家庭で揉めることを示しています。また誰かにだまされていないか注意してください。

夢の中の靴はあなた自身を守る、大切な役割を示す

裸足で外を歩く人がいないように、人は社会に出たらなんらかの役割や身分で自分の身を守ります。夢の中の靴はそうした、あなたの大切な役割を示しています。もし靴が破れているなど悪い状態だったら、自分の役割をもう一度振り返って修正してください。夢は未来への警告なので、見てから行動しても十分間にあいます。

(かたやま伸枝)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません