雨の日のデートで、女性に喜ばれる気遣い9パターン

恋愛
スゴレン
2019/06/17 10:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

雨の日のデートで、女性に喜ばれる気遣い9パターン


雨の日のデートはいろいろと大変なことが増えて、いつものように楽しめないもの。そんなとき、男性にどのような気遣いをしてもらえると女性は嬉しく感じるのでしょうか。オトメスゴレン女性読者へのアンケートをもとに、「雨の日のデートで、女性に喜ばれる気遣い」をご紹介します。


【1】男性が車道側を歩いて、車に水をかけられないように注意する。


「さりげなく車の水はねから守ってくれている感じがイイ」(20代女性)と、自分が盾になり彼女を守ろうとする姿勢は、女性にとても喜ばれるようです。スピードを出して近づいてくる車を発見したら、特に注意して男性が車道側を歩くようにしましょう。


【2】水たまりや足場の悪い場所を女性に歩かせないようにする。


「靴や服が汚れないように気にしてくれているのが嬉しい」(30代女性)と、ファッションを考慮して足場に注意しながら歩かせてあげることも、大切な気遣いの一つのようです。足元をよく確認し、水たまりをうっかり見逃さないよう注意しておきましょう。


【3】「大丈夫? 寒くない?」など、体調を気にして声をかけてあげる。


「『傘させば大丈夫』と、ずっと屋外にいるのはキツい。カフェで休もうとか提案してほしい」(20代女性)と、雨で寒くなることを考慮して、女性に無理をさせないよう気遣う姿勢も大切のようです。彼女が寒がっていたら、なるべく暖かい室内で休憩するようにしましょう。


【4】「あいあい傘」をするときは大きめの傘で、必ず男性が持つようにする。


「自分の方が背が低いのに傘を持たされたときは、腕が疲れて大変だった…」(10代女性)と、傘をさすときは女性に負担させないでほしいという意見も多いようです。濡れる心配の少ない男性用の大きな傘を用意し、彼女のスペースのほうを広めにとってあげましょう。


【5】「濡れるからもっとこっちおいで」と傘の中で自分のほうに引き寄せる。


「リードされてる感じがするし、二人でくっつけるのが嬉しい」(30代女性)というように、雨の日にしかできない積極的な行動も、女性には特別感があって嬉しいようです。恥ずかしがらずに堂々とリードしてあげることも時には必要でしょう。


【6】肩が濡れないように、上着などをかけてあげる。


「『自分は濡れても構わない』という姿勢に、思いやりを感じる」(30代女性)と、相手のために上着を貸してあげることなども、女性には喜ばれるようです。傘をさしても肩は濡れてしまうことが多いので、雨の日は水をはじきやすい上着で出掛けると良いでしょう。


【7】きれいなハンカチで、濡れた服や荷物を拭いてあげる。


「大切にされている感じにキュンとする。きちんとハンカチを持っているのも素敵」(20代女性)と、丁寧でぬかりのない行動にも女性は気遣いを感じるようです。普段からハンカチを持ち歩くようにすると、突然の雨にも対応できるでしょう。


【8】移動中も雨に濡れないようなデートコースに変更する。


「勝負服が汚れる心配がないし、髪型やメイクも崩れなくて気が楽」(20代女性)と、デートを意識しオシャレをしてきた女性に、余計な心配をさせないことも大切でしょう。映画やショッピングセンターなど、屋内のデートコースを提案してみましょう。


【9】ドライブデートでは、車の乗り降りの際に、濡れないよう傘を広げてドアを開けてあげる。


「紳士的な所にドキッとする。まるでお姫様みたいで憧れる」(20代女性)と、徹底した男性のエスコートに感心して心を打たれる女性も多いようです。なるべく入り口付近に車を寄せるなど、最大限女性が濡れないような工夫をすると良いでしょう。


ほかに雨の日のデートで女性に喜ばれる気遣いとは、どのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません