仲直りどころか逆効果!彼女をもっと怒らせる喧嘩中の一言9パターン

恋愛
スゴレン
2018/12/17 14:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

仲直りどころか逆効果!彼女をもっと怒らせる喧嘩中の一言9パターン


ケンカをしてしまったとき、早く仲直りがしたくて言った何気ない一言が、かえって相手を怒らせてしまうことがあります。では、どんなセリフが逆効果になるのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートから、「ケンカ中、仲直りしようとして言ったのに逆効果になりがちなセリフ9パターン」を紹介します。


【1】話を聞いていない印象になる「全部オレが悪かったから」


「『とりあえず謝っとけ』みたいな感じがムカつく」(20代女性)のように、彼女とのケンカでは、謝罪が逆効果になることもあるようです。謝るならば、「これからは●●に注意する」のように、反省点を具体的に伝えたほうがいいかもしれません。


【2】勝手に自分は悪くないことにしている「もうわかったって」


「反省しているとは思えない」(20代女性)と、ケンカにうんざりした様子に、女性は腹を立てるようです。一刻も早く仲直りしたい気持ちはわかりますが、そんな時こそいつまでも彼女の話を聞いてあげる姿勢を見せたほうがいいでしょう。


【3】ケンカ中だと白々しく聞こえる「本当にお前を愛しているんだから」


「それならきちんと謝って」(20代女性)と、「愛している」の一言で済まそうとする姿勢が女性にとっては腹立たしいようです。愛を伝えるなら、彼女の怒りが収まってからのほうが喜ばれるかもしれません。ただし、その場合も反省の意を示すことを忘れないようにしましょう。


【4】モノで釣って済まそうとする魂胆が許せない「今度好きなもの買ってあげる」


「ごまかそうとしているように感じる」(30代女性)など、男性はお詫びの気持ちを形にしたくて言っていても、女性の怒りは増してしまうようです。仲直りした後に、改めておいしいものをごちそうするなどの形で示すと、二人の絆がより強まるかもしれません。


【5】褒めれば何でもいいわけじゃない「怒っている顔もかわいい」


「バカにされているみたい」(10代女性)など、褒め言葉であっても「話をそらしたがっている」と思われ、火に油を注ぐだけになることも多いようです。彼女が真剣に怒っているときは、褒め言葉に限らず、オヤジギャグなど場の空気を読んでいないと思われるような発言は慎みましょう。


【6】開き直りにあきれる「こんなダメな男だけど、それでも受け止めてほしい」


「これからも同じことをするという宣言?」(30代女性)のように、欠点を改善しようとしない男性の姿勢に対し、多くの女性はますます腹を立てるようです。「これが俺の性格だからしかたない」など歩み寄りを見せない姿勢は避け、短所を改善する意思を示しましょう。


【7】逆ギレしているように聞こえる「じゃあどうすれば許してくれる?」


「なんで自分で考えないの?」(20代女性)など、解決策を相手に丸投げする態度は、女性をさらに怒らせるようです。「俺の話も聞けよ!」のような発言も、逆ギレだと思われることが多いので注意しましょう。


【8】過去のケンカを蒸し返すだけの「この間はお前が悪かったから、これでおあいこ」


「それとこれとは別」(20代女性)のように、昔のことを引っ張り出して言い逃れしようとする器の小ささに、嫌気がさす女性もいるようです。彼女の過ちには触れず、素直に自分の罪を認める潔さを見せてはいかがでしょうか。


【9】悪びれた様子もない「こういう男だと知ってて付き合ったんだろ」


「付き合ってから知ることもある」(20代女性)と、「欠点を含め全部が好きなはず」という勘違い発言は、仲直りしたい気持ちを女性から奪うようです。むしろ、自分も気づいていない短所を指摘してくれたことに感謝するくらいの、懐の深さを見せたいものです。


ほかに、仲直りのつもりで言ったのに逆効果になってしまったセリフにはどんなものがありますか? ご意見お待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません