別れたくても別れられない…同棲のジレンマを防ぐ心得9パターン

恋愛
オトメスゴレン
2017/12/13 10:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

別れたくても別れられない…同棲のジレンマを防ぐ心得9パターン


始めるのは意外と簡単だけど、終わらせるのはかなり大変なのが同棲生活。結婚と違って約束事が少ない分、解消の際はトラブルが起こりやすいかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性279名に聞いたアンケート調査を参考に「別れたくても別れられないジレンマに陥らないため、同棲するなら心得ておきたいこと9パターン」をご紹介します。


【1】預金口座やお財布は別々にする


「正式な婚約もしていないのに『いずれ結婚するつもり』で預金口座を一緒にするのは危険」(20代女性)というように、家計は別々にしたほうが良いようです。また同棲解消が決まったらすぐに出て行けるよう、一人分の引っ越し資金だけはこっそり確保しておきましょう。


【2】いざとなったら身を寄せられる友達や親戚を確保する


「ケンカして部屋にいられなくなったときの駆け込み寺は必要」(20代女性)というように、いざとなったら転がり込める知人を確保したほうが良いようです。同棲したら彼氏とべったり…ではなく、これまで以上に友達や親戚、家族との付き合いを大切にしましょう。


【3】足かせになってしまうようなペットは飼わない


「ペットがいると、本当に別れるのがつらい」(30代女性)というように、愛着がわくといざというときに離れられなくなるため、ペットは飼わないほうが良いようです。たとえ飼うにしても、最悪の場合は引き裂かれることも覚悟して臨まないといけないかもしれません。


【4】本当に大切なものは貸倉庫などに避難させる


「友達が彼氏に持ち物を勝手に処分されたと聞いたので」(20代女性)というように、アルバムや思い出の品物は実家や倉庫などに保管した方が良いようです。いまはラブラブでも、いずれ揉めたときに勝手なことをされても困るので、貴重品の扱いも慎重にしましょう。


【5】妊娠した場合は子どもを産んで結婚すると約束させる


「子どもだけは、行き当たりばったりだと女が泣きを見るので」(20代女性)というように、もし妊娠することがあれば、結婚すると約束しておいたほうが良いようです。ひとつのケジメとして、同棲前に自分の両親に挨拶をさせ、「万が一の場合」の言質を取っておくのも良いかもしれません。


【6】家具や家電などを買った場合はどちらのモノかはっきりさせておく


「一緒に買ったテレビを彼氏に取られたという話も聞きます」(20代女性)というように、たとえ共用品であっても、所有者がどちらなのかはっきりさせておくと良いようです。お金を出し合って買うのであれば、どちらがいくら払ったのか記録を残しておきましょう。


【7】何があってもお金は貸さない


「相手をダメにしてしまうし、お金を返してくれないことで別れにくくなる」(30代女性)というように、お金は貸さないほうが良いようです。彼氏に泣きつかれることがあったら、まずは親に頼るよう言い聞かせましょう。


【8】部屋を借りると同時に、同棲の更新期限を決めておく


「2年も一緒に暮らしたら、結婚も決意できるはず」(20代女性)というように、部屋を借りるのと同時に、同棲の更新期限も決めておいた方が良いようです。また、部屋の契約期間中に同棲を解消し、違約金を払うことになったら、別れる原因を作ったほうが負担すると約束しておきましょう。


【9】彼氏の親や親族と必要以上に仲良くなりすぎない


「家族ぐるみのお付き合いをしているので、別れたくても別れられない」(30代女性)というように、彼氏の親と必要以上に親しくしすぎないほうが良いようです。もちろん、わざわざ冷たい態度を取る必要もないので、ほどほどの距離感を保つのがベターでしょう。


お互いウキウキ気分の同棲スタート時には、なかなか言い出せないことばかりですが、いざというときに困らないよう、まずは貯金や駆け込み寺の確保など自分だけで準備できるところから始めてみてはいかがでしょうか。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計279名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません