スーツケースに入れたい一着。ユニクロで作る「夏リゾートスタイル」4選

ライフ
マイナビウーマン
2017/08/11 10:01
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

スーツケースに入れたい一着。ユニクロで作る「夏リゾートスタイル」4選


夏休みの計画はもう立てましたか? 大人の夏休みは、優雅にリゾート地で過ごすのもよさそう。そんな旅先では、厳選アイテムを持って、コンパクトにおしゃれを楽しみたいですよね。そこで今回は、スタイリスト斉藤美恵さん発「夏のユニクロリゾートスタイル」をご紹介。シワになりにくい万能アイテムで作る、ワンランク上の着こなしとは?

■シーン別! ユニクロで作る「夏のリゾートスタイル」4選

では、ユニクロで作る「夏のリゾートスタイル」を、さっそくシーン別に見ていきましょう。

◇シーン1:避暑地のデイタイムはデニムで作る活動的なスタイルで

避暑地で過ごすデイタイムは、美術館に行ったり、アウトレットでショッピングをしたり、アクティブに動くことが多いはず。したがって、デニムを取り入れたシンプルかつ動きやすいコーデがおすすめ。

トップスは秋まで活躍しそうな白のワッフル素材を選んで。ラフだけど、シルエットの美しさが抜群なユニクロのデニムを合わせれば、シンプルながらこなれた仕上がりに。バッグなどの小物にも秋素材を取り入れれば、よりシックで大人なスタイルの完成。

使用ユニクロアイテム

・ワッフルクルーネックT(7分袖)

価格:1,500円+消費税

・ハイライズシガレットジーンズ

価格:3,990円+消費税

◇シーン2:ディナーはネイビーのワントーンコーデでよそ行き感を演出

避暑地の楽しみのひとつといえば、素敵なレストランでのディナー。予約を入れるような場所なら、カジュアルすぎるコーデはNG。とはいえ、運べる荷物に限界のある旅行先で、ディナー向きのスタイリングを作るのは難易度大ですよね。ならば、上下をネイビーでまとめるのがコツ!

ブラウスは、襟ぐりや7分袖にたっぷりとギャザーの入ったふんわりデザイン。さらに、ベロア素材のリッチなパンツを合わせれば、上品な“よそ行き感”が。コーデを優雅に見せたいなら、ネイビーの色の力を存分に借りてみて。

使用ユニクロアイテム

・エクストラファインコットンギャザーブラウス(7分袖)

価格:1,990円+消費税

・ベロアワイドパンツ

価格:1,990円+消費税

◇シーン3:水際ではビキニの上にガウン代わりのロングシャツをON

今夏、話題になっているユニクロ発のビキニ。のんびり過ごしたいビーチやプールサイドでは、この上にノーカラーのロングシャツをガウン感覚で羽織って。

スタイリングは、あえて「白×黒」でまとめるのが◎。シックな装いが大人の夏を演出します。

使用ユニクロアイテム

・コットンドビーロングシャツ(7分袖)

価格:790円+消費税

・スイムバンドゥーブラ

価格:1,990円+消費税 ※在庫なし

・スイムショーツ(ビキニ)

価格:990円+消費税

◇シーン4:ビーチリゾートのディナーは日焼けを見せるヘルシーコーデが◎

清楚に装いたい避暑地のディナーとは対照的に、ビーチリゾートでのディナーはちょっと大胆なスタイリングで。日焼けした肌を見せるサロペットは、華やかでヘルシーな印象。日焼けした肌にマッチするテラコッタの上品カラーを選べば、ビーチリゾートにぴったりなコーデができあがります。

ポイントは、黒のチラ見えするチューブトップと小物類のチョイス。ヘルシーだけど、きりりと引き締まる上級者テクニックをぜひ使ってみて。

使用ユニクロアイテム

・キャミソールサロペット

価格:1,990円+消費税

・スーピマコットンブラチューブトップ

価格:1,990円+消費税

・ライトクルーネックカーディガン(半袖)

価格:990円+消費税

■この夏はどこへ行く? リゾートコーデで夏を満喫して

避暑地からビーチリゾートまで、シーンに合わせたコーディネートはいかがでしたか? 少ない荷物でも、しっかりおしゃれは楽しみたい夏の旅行。シーンに合ったとっておきのアイテムを見つけて、旅先での気分を上げてみて。

(マイナビウーマン編集部)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません