[TOKYO R30]第24話 忙しすぎる男と、連絡を待ち続ける女。2人の恋の行方は

ビューティー
LBR
2017/07/16 20:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

忙しすぎる男。連絡を待ち続ける女。この男女は幸せになれるのか―。

麗華は何ヶ月かぶりに恋人・大輔の家に行く。少し足が緊張していた。

「忙しい男ほど、彼女のことを考えられない」と涼子は言っていたけれど、まだ理解できない。
私のことが好きならば、連絡だってできるはず。忙しいと嘘をついて、他に女がいるのかもしれない。

“女の影が見えたら、しっかり問い詰めてやるんだから!”

そんなことを考えながら電車を降りた。改札前に、大輔が迎えに来ていた。少しやつれたような顔。ヒゲもランダムに生えている。色気がそぎ落とされた風貌に、麗香の気合いはあっさり空中分解した。

大輔の部屋のドアを開けると、中はガランとしていた。生活感がない。1週間、旅行で家を空けて帰って来た日のにおいがする。

聞くと大輔は、ここ数か月、会社に泊まることが多いようだ。帰ってきたとしても、寝るのみ。お風呂は、会社の近くのサウナをお風呂がわりにしている。食事は1日1食の日もある。衣食住がまるっきり抜けてしまっているのだ。

本当に忙しいんだな……。

麗華は絶望し、少し同情した。同時に、浮気を疑った自分、深夜に長文のLINEをした自分が、申し訳なく思えてきた。

 ◆

しかし、あれだけ気持ちのこもったLINEに「ごめん」の一言もなかった。それには傷ついたと、麗香はこもった声で伝える。大輔は、申し訳なさそうに言った。

「ごめん、ああいうことはLINEじゃなくて会って話したかったから。あの日は仕事がつまってて考える時間もなくて。ちゃんと自分の考えも冷静に伝えたかったんだよ。適当にあしらったわけじゃないんだ」

「そうかもしれないけどさ。最近、冷たいよ。付き合い始めた頃と、大輔、まったく違うもの。私のこと、飽きちゃったのかと思った」

「そんなわけないだろ!」

ビクッ。強い口調におののく麗香。涙で大輔がぼやけていく。

「俺たち順調だと思ってた。麗華が寂しい思いをしているなんて、気づかなかった。本当にごめん。俺たち、こんなこと今まで話したことないよな。喧嘩もしてこなかった。だから、俺は安心しきっていたんだ」

「……」

「俺だって、本当は麗華を満足させてあげたいよ。他の男がしているように、色んなところに連れて行ってあげたい。でも、今は仕事に集中したいんだ。幸せにできなくて、情けない男だと思う。麗華が満足できないなら、仕方がないと思う。別れたいなら、それでもいい」

「えっ」

 ◆

麗香は「別れ」という言葉に、大きく身体を震わせた。

「別れたくない!」

反射的に放たれた麗香の大きな声が、静かな部屋の壁にこだました。2人の目は5秒間見つめあった。麗香の小さな涙声が沈黙をやぶった。

「別れたいなんて、一度も思ったことないよ」

「そっか……よかった。てっきり、別れたいのかと思ったよ。LINEだけじゃ、麗香が何を考えているか分からなかった。俺も別れたくない」

「あのLINEが、そんなふうに思われていたなんて。……私たち、気持ちをちゃんと話してこなかったね。ごめんね」

「しばらくは今みたいな状態が続くかもしれない。だけど、また引き続き俺と付き合ってくれるかな。麗華とは将来のことも考えたいと思ってる」

将来のことを考える……。この言葉は、麗香の身体を熱くさせた。

「うん、私もあなたを支えてがんばる」

麗香は目をそっと閉じて、身体を寄り添わせた。

 ◆

それから、2人の関係が少し変わった。麗華は寂しくならないように、一人の時間を楽しむようになった。大輔は仕事のカレンダーを共有し、麗華も彼の予定を把握できるようにした。会える時間は少ない。しかしこれまでより、2人の関係が強く、進展しているのを実感できる。

これまでの元カレたちとは、嫌なことがあったらケンカして、そのまま別れていた。しかし今回は違う。2人で問題を解決していくことで、絆が強くなっている。

大切なのは、2人が同じ方向を見ていること。それが定まっていれば、どんなに道を外れても軌道修正が効く。そこに向けてお互いが帳尻を合わせていくのが、大人の恋なのかなと麗華は思った。

あの日を境に、本当の恋人同士になれた気がした。

第24話の麗華にオススメのコスメ

ヴァーベナ シャーベットボディクリーム/ロクシタン(数量限定)

久しぶりに彼に会う日は、触れられたときに心地よいと感じてもらえるよう、肌の質感などにも気をつけたいところ。そんなときにオススメなのは、ロクシタンから新しく発売された『ヴァーベナ シャーベットボディクリーム』。
ヴァーベナは、魔女が恋の媚薬に入れて想いを寄せる人の気を引いたという言い伝えから「恋を呼ぶハーブ」と呼ばれています。シャーベットのような冷んやりとした感覚を味わえるボディクリームで、とろけるように肌になじんだあとは、うるおったサラサラ肌に。しっとり肌とヴァーベナの香りで、彼との距離も縮まりそう!

★毎週日曜日 20時公開


(文・東 香名子/イラスト・日暮ろこ子/コスメコメント・LBR編集部)

【あわせて読みたい】
麗華、涼子、瑠璃3人の恋の行方は!?過去のTOKYO R30はこちらから!
結婚をしてくれない男性とは別れるべき?迷った時の考え方
意外…!? 「恋愛依存症」の女性がいいがちなセリフ3つ
自分から告白は無理!? アラサー女性は愛されるまで待つべき?

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
春、あなたに素敵な出会いは訪れる?12星座別「この春の出会い運」
相性バッチリ◎あなたのベストパートナーがわかる心理テスト
恋したい?あなたの今の恋愛モードがわかる心理テスト
【心理テスト】あなたの好きな相手への尽くし度

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません