その5

週末になった。






学校が終われば紫布美さんが遊びに来る。





今夜は外食かな。





部屋もちゃんとキレイにしとかないと、また飽きられちゃう。





(特に水回りはキレイにしないとダメよ)





念入りに掃除のポイントとか、ベッドのシーツは清潔に!と言われてきたっけ。





一応好きなお酒やワインもしっかりキープされている。(俺は飲めないけど)





紫布美さんが大好きだというエリッククラプトンのCDもちゃんとセットした。





いつきても大丈夫なように準備はオッケー★





顔がほころぶのを隠せない。







帰り道




「何ニヤニヤしてんだよ(笑)
つか、今夜タケフミんとこのラーメン食いに行こうぜ」




と、ヒトシに声を掛けられた。





タケフミはラーメン屋で最近バイトを始めたと言っていた。





そこに冷やかしに行こうとヒトシと話していたのを思いだした。






最近ではタケフミとヒトシと3人でつるむことが多い。クラスの3バカと言われるまでにそう時間はかからなかった。






「わりぃ、今日予定ありでさ」





「また?お前週末結構ノリ悪いよな」





「そか?またガッコ始まったら食いに行こうぜ!」






自転車で遠くなるヒトシに手を振った。





仲間も大事だけど、週末は特別なんだ。


と言って帰路に着いた。





「ごめん‥行けなくなった‥」










紫布美さんから電話があったのは催促電話を複数回した後の事だった。



しおり
記事一覧を見る

ケンタローの人気記事

  • その6
    投稿日時:2019-07-23 22:42:49
  • その7
    投稿日時:2019-07-23 22:48:41
  • その8
    投稿日時:2019-07-24 06:57:39

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ