ゆぅ、国展入選

皆さんこんにちは。




お久しぶりです。あれからいろんなことがあり…あっという間にGWとなりました。平成最後の更新に、嬉しいご報告ができます。






ゆぅがこの度、第93回国展の絵画部で、入選しました。2つ作品出品したうち、S100の大きい方が入選となりました。






国展では大人も同じ土俵で戦うので、中学生で挑戦することがまず珍しく、落ちて当たり前、受かったら奇跡だと、先生に言われていました。それが挑戦した3年生6人全員が入選という快挙。指導者である顧問の先生の評価が高まり、先生が一番喜んでいます(笑)






昨年末に国展に挑戦してみないかと先生から話があり、半ば強制的にメンバー入り(笑)年明けに保護者と生徒向けに説明会が開かれ、本格的に製作開始、圧倒的に製作期間が短い中で、この冬、春休み、新学期始まってからの追込み…本当に良く頑張ったと思います(涙)






特に冬、毎日部活が遅くなり、30分かけて雪道を帰ってくると、家に着くのが7時半頃になる日もあり、それでも勉強もしなければならず、当然夜寝るのも遅くなり、見ていて気の毒に思えるほどでした。







先週土曜日に朝から夕方までかけてやっと作品を完成させ、翌日日曜に東京へ搬出しました。






土曜日、疲れはてて帰ってきたゆぅをすぐ習い事に連れていき、その前にスタバでお茶をしました。「作品送れば一段落だね、お疲れさま、良く頑張ったよ」、そんな声をかけました。作品については、それまで多くを語らなかったゆぅ。その日始めて、「ママのことを考えて、タイトルをつけたんだ」と聞きました。





今回2作品出品したうち、1つは去年県展で入選した、「思い出の塗り替え」。ゆぅとしぃと3人で、楽しい思い出たくさん作って、過去の辛い記憶を塗り替えていこう、という想いをこめて描いてくれたものです。同じ作品を違うコンクールに出せないので、少し手を加えて直し、つけたタイトルが、








『決断』






もう1つの作品は、思い出の塗り替えより一回り大きいサイズで、今回の国展のために一から描いたもの。これが入選しました。タイトルは、





『前進』






それを聞いた時、驚きと感動で絶句。スタバで泣くところでした。






少し前に弁護士事務所に行き、返答がない夫に対してこれからどうするかを相談しに行き、連休明けに調停の準備を始めることを決めてきました。決めてしばらくしたら案外スッキリしましたが、その前後、精神的に不安定な日が続き、寝込んでることもありました。







そんなとき、枕元に来て、「ママが悲しんでるのを見るのが悲しい」、「ハッキリさせようよ、前に進もうよ、普通にご飯が食べられればいいじゃない、私が一緒にいるから」そんな言葉をかけてくれたゆぅ。






その想いを、ゆぅにしかできない形で、私に示してくれました。絶対この目で観たい、そう思いました。






3月始め頃かな?先生に、国展の授賞式に行くためのキップをとっておいた方がいいか、ゆぅを通して聞きました。去年入選した子のお母さんの話では、授賞式はGW中で、結果がわかるのは1週間ほど前だから、キャンセル料かかるの覚悟でとっておいたと聞いていたから。






その時点で先生は、「今年は誰も受からないから、キップとらなくてもいい!」と断言しました。一生懸命頑張っている子供達に、そんな言葉かけなくても、と思いつつ、画家の先生が言うのだから可能性はないんだなと、キップの用意はしていませんでした。






でも日にちが近づくにつれ、万が一…と考えるようになり、他の美術部のお母さんと連絡を取ってどうするか話したりしていました。結局様子見していましたが、作品搬出した日に、今さら先生が「やっぱり授賞式の日のキップ、とっておいた方がいいね」と言い出したらしく、慌てて新幹線のキップとりました。






授賞式は明日、5月1日2時から、子供達はみな入選なので授賞式は関係ないのですが、去年は勉強のために少しだけ出席したそうで。






地元の新聞社が先生との繋がりで、このようなコンクールがある度に取材に来てくださり、カラーで大きく掲載してくれます。明日は10時に取材に来るので、それに合わせて私達も10時まで、六本木の国立新美術館に行かなければいけません。






新幹線の始発で行ったら間に合わないので、私とゆぅは東京に単身赴任している兄のところに今日泊めてもらい、私は東京チンプンカンプンでほぼ歩けないので、明日も兄に美術館に連れていってもらいます。






明日は令和に変わる日で、入場料無料になることもあり、どれだけ混んでるのかと思うと気が遠くなりそうですが、






このタイミングで入選した、「前進」というタイトルのゆぅの絵。令和に変わる日に美術館に飾られるゆぅの絵。令和に元号が変わり、世の中が動き始めた連休明けには、私も動き始める。この流れは、光が差し込む方へ、希望を感じる方へと私を引っ張っているように感じます。






今新幹線で東京に向かっています。明日、ゆぅがいろんな想いをこめて描いた「前進」、この目でしっかりと観て、全身で感じてきたいと思います。きっと泣く。周りの人に、どんだけ親バカなのかと思われるかもしれない。思うなら思え。この絵の背景にどんなストーリーがあるのか、私とゆぅがどんな思いでここまで来たのか、誰も知らない。知らなくていい。私とゆぅが共有できていればそれでいい。







しぃを連れてこれなかったのが心残りです。でも私の体調と、六本木という場所、令和に変わる10連休というどうなるのか読めない時期、新幹線の値段が繁忙期で高いこと等々考えて、今回は親に預けてきました。






今朝泣かれて、胸が痛みました。今まで楽しいことも悲しいことも、3人一緒に乗り越えてきました。しぃだけ置いてくるなんてことは、できればしたくなかったけれど…今回はあまり余裕もなく、仕方ない。







昨日は私の布団で一緒に寝ました。電話をたくさんして、たくさんお土産を買って帰ろうと思います。帰ったらたくさんギューして、またくっついて眠ろう。今回しぃが我慢した寂しさが、より深い愛情に変わるように。






というわけで、急きょ東京行ってきます。新しい時代に、ゆぅもしぃも私も、「前進」していけますように…













しおり
記事一覧を見る

ゆしり☆momの人気記事

  • ドラえもんと、良い夢を
    投稿日時:2018-10-26 23:47:34
  • お仕事の話〜働き方の選択〜
    投稿日時:2018-08-08 21:31:43
  • 投稿日時:2019-02-10 20:26:48

おすすめトピックス

ママカテゴリーランキング

ママカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ