実話Fお金がない

私は、大学に入ってからもバイトをしたことがなかった。
そもそも社会で働いたことがない。

何となく入ったネットワークビジネスは当然1円にもならず、自然消滅した。幸い初期費用のみ払えば、月額会費がかかるものではなかったため、放置していた。

自分から何かをしたいと思ったのは初めてで、それが何であってもお金が必要だという事に今更気が付いた。


ガリガリ君が食べたい
ローソンのシュークリームが食べたい
ユニクロのステテコが欲しい

引きこもりの期間にも、このくらいの欲はあったわけだけど、
全て母親に頼める程度の事だった。


ただ、どんな世間知らずの私でも、
『海外に行きたい』が、簡単に母親に依頼できることでないことくらいはわかる。


さぁ、どうしよう。


そもそも「衝動」に駆られるほど興味を持てるものがなかったから、
したいことがあるのに出来ないという状況が初めてだった。

少し、楽しい気もした。


「海外に行きたい」と言うのは、本当に曖昧で、具体的な目的地があるわけではない。日本を出て、違う空気を肌で感じたい。ニューヨークで感じたあの異国の高揚感をもう一度味わいたい、ただそれだけ。

こんな漠然とした欲求でも、目的が見つかった事で精神は不思議と安定した気がする。今までふよふよ浮いていた私が、やっと地に足をつけられた感じがした。
(あくまでも主観なのでね)



年末くらいに、漸く、バイトを探し始めた。

求人誌をコンビニで買ってきて、クリスマス時期限定やオープニングスタッフなど短期の物も含め、かたっぱしから見ていったが、大学中退(そういえば結局卒業していない)で高卒扱いの私ができる仕事は限られていたし、時給は600−700円台が主流だった。


それに、やっぱり私はうつ病なのだ。


急に目まぐるしく人が出入りするコンビニやマクドナルドで、あくせく働ける自信は全くなかった。深夜のコンビニなら何とか…。

そして、これら一般的なアルバイトで目標の金額を稼ごうと思ったら、毎日勤務を入れて全額貯金してたとしても半年〜1年。


メンタルグラグラな私が、そんな根気あるわけがない。
すぐに努力せず逃げようとするのは私の弱いところだが、
最終的に行きついたのは、借金ってできるのかな…
(これまた後先考えていない。)
しおり
記事一覧を見る

もやしの人気記事

  • 実話Fお金がない
    投稿日時:2018-05-15 11:14:43
  • 実話Aうつ病の治療って
    投稿日時:2018-05-14 14:10:35
  • 実話G早朝の清掃業
    投稿日時:2018-05-15 21:16:58

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ